優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLでのトランザクションとデータ整合性の保証

この記事では、SQLにおけるトランザクションとデータ整合性の保証について詳しく解説します。データベースにおいて、トランザクションとは一連の処理手順のことを指し、この一連の手順が全て成功した場合にのみ、データベースの状態を更新する仕組みがあります。データ整合性とは、そのような処理中にデータが矛盾しないように管理することを指します。

目次

トランザクションとは

トランザクションは、一連のデータベース操作をまとめたものであり、その全てが成功するか全てが失敗するかのどちらかです。トランザクションはACID特性(Atomicity、Consistency、Isolation、Durability)を持っています。

ACID特性

特性説明
Atomicity(原子性)全ての操作が成功するか、一つも反映されないかのどちらか。
Consistency(一貫性)トランザクションが成功した場合、データベースは一貫した状態になる。
Isolation(独立性)各トランザクションは独立して動作し、他のトランザクションに影響を与えない。
Durability(永続性)トランザクションが成功したら、その結果は永続する。
ACID特性の概要

データ整合性の保証

データ整合性の保証とは、トランザクションの処理が成功した後にデータベース内のデータが矛盾しないようにすることです。一貫性の保持、リファレンシャル整合性、データ型の整合性などがこれに該当します。

一貫性の保持

データベースはトランザクションが完了した後も一貫性を保つ必要があります。例えば、銀行の口座間での送金作業では、送金元と送金先の残高が正確である必要があります。

項目送金前送金後
送金元の残高1000円500円
送金先の残高2000円2500円
一貫性の保持の例

リファレンシャル整合性

外部キー制約などを使って、テーブル間の関連性を保つ方法です。

親テーブル子テーブル
ID: 1, 名前: 田中親ID: 1, 名前: さくらんぼ
ID: 2, 名前: 鈴木親ID: 2, 名前: りんご
リファレンシャル整合性の例

まとめ

トランザクションとデータ整合性はデータベース管理において非常に重要な概念です。トランザクションはACID特性に基づいて動作し、データ整合性は一貫性やリファレンシャル整合性などを通じて保証されます。これらの概念を理解し、適切に設計と実装を行うことで、より確かなデータ管理が可能になります。

コメント

コメントする

目次