優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

RDBMSとNoSQLにおけるトランザクションの扱いの違いを解説

この記事では、リレーショナルデータベース(RDBMS)とNoSQLデータベースでのトランザクション処理の違いについて詳しく解説します。それぞれのデータベースがどのようにトランザクションを取り扱い、そのメリットとデメリットは何か、具体的な例を用いて説明します。

目次

RDBMSにおけるトランザクション

リレーショナルデータベースにおいて、トランザクションはACID(Atomicity, Consistency, Isolation, Durability)プロパティに基づいて設計されます。

ACIDプロパティ

ACIDプロパティとは、以下のような特性を有するものです。

  • Atomicity(原子性):トランザクション内の全ての操作が完全に成功するか、あるいは全く実行されない。
  • Consistency(一貫性):トランザクションはデータベースを一貫した状態から別の一貫した状態へと遷移させる。
  • Isolation(隔離性):並行して行われるトランザクションが互いに影響を与えない。
  • Durability(耐久性):トランザクションが成功した後、その結果は永続的に保存される。

RDBMSでのトランザクションの例

具体的なSQLコマンドを用いたトランザクションの例を以下に示します。

BEGIN;
UPDATE accounts SET balance = balance - 100 WHERE id = 1;
UPDATE accounts SET balance = balance + 100 WHERE id = 2;
COMMIT;

NoSQLにおけるトランザクション

NoSQLデータベースでは、トランザクションの扱いがRDBMSとは大きく異なります。一般に、ACIDプロパティを全て満たす設計は少ないです。

BASEプロパティ

NoSQLデータベースでは、BASE(Basically Available, Soft State, Eventually Consistent)プロパティが用いられます。

  • Basically Available(基本的に利用可能):データは基本的にいつでも読み書きできる。
  • Soft State(ソフトステート):システムの状態は時間とともに変わる。
  • Eventually Consistent(最終的に一貫性が保たれる):時間が経つとデータは一貫した状態になる。

NoSQLでのトランザクションの例

NoSQLの一例としてMongoDBにおけるトランザクションを考えます。

db.runCommand({
  findAndModify: "users",
  query: { _id: 1 },
  update: { $inc: { balance: -100 } }
});
db.runCommand({
  findAndModify: "users",
  query: { _id: 2 },
  update: { $inc: { balance: 100 } }
});

両者の違い

RDBMSとNoSQLでの主なトランザクションの違いを以下のテーブルで比較します。

RDBMSNoSQL
ACIDプロパティを厳格に守るBASEプロパティに基づく柔軟性がある
SQL言語で操作専用のAPIやクエリ言語で操作
RDBMSとNoSQLのトランザクションの違い

まとめ

RDBMSとNoSQLデータベースでは、トランザクションの扱いが大きく異なります。RDBMSはACIDプロパティを厳格に守りますが、NoSQLはBASEプロパティに基づいて設計されているため、より柔軟なトランザクションが可能です。これらの違いを理解することで、プロジェクトに最適なデータベースを選ぶ際の判断材料になるでしょう。

コメント

コメントする

目次