優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

データベースエンジンにおけるトランザクションの処理流れ

データベースエンジンにおけるトランザクションの処理流れは、多くのシステムで非常に重要な要素です。この記事では、トランザクションがどのように処理されるのか、その内部の仕組みについて詳しく解説します。

目次

トランザクションとは

トランザクションとは、一連の操作が全て成功するか、もしくは全て失敗するという制約を持つ処理単位です。要するに、「全てか無」の原則に基づいています。

トランザクションの性質

一般的にトランザクションは、ACID(Atomicity、Consistency、Isolation、Durability)と呼ばれる4つの性質を持ちます。

性質説明
Atomicity(原子性)全ての操作が完了するか、一つも実行されない
Consistency(一貫性)トランザクションの実行前後でデータの一貫性が保たれる
Isolation(隔離性)複数のトランザクションが同時に行われても、その影響を受けない
Durability(耐久性)一度成功したトランザクションは永続的に保存される
ACIDの4つの性質

トランザクションの処理フロー

データベースエンジンにおけるトランザクションの処理フローは大きく以下のステップで構成されます。

ステップ1: トランザクションの開始

トランザクションは、明示的に「BEGIN TRANSACTION」コマンドで開始されることが一般的です。

開始方法の例

BEGIN TRANSACTION;

ステップ2: SQLクエリの実行

トランザクションが開始された後、必要なSQLクエリ(INSERT、UPDATE、DELETEなど)が実行されます。

クエリの例

UPDATE accounts SET balance = balance - 1000 WHERE id = 1;
UPDATE accounts SET balance = balance + 1000 WHERE id = 2;

ステップ3: コミットまたはロールバック

全てのクエリが成功した場合は「COMMIT」が行われ、トランザクションが完了します。一方で、何らかのエラーが発生した場合は「ROLLBACK」が行われ、トランザクション開始前の状態に戻ります。

操作説明
COMMIT全ての変更を確定
ROLLBACKトランザクション開始前の状態に戻る
COMMITとROLLBACKの違い

まとめ

データベースエンジンにおけるトランザクションの処理は、ACIDの4つの性質に基づいて行われます。トランザクションの開始、SQLクエリの実行、そしてコミットまたはロールバックのステップを経て、データの一貫性と整合性が保たれます。

コメント

コメントする

目次