BtoB向けサービスをお得に発注【SBIバリュープレイス】詳細はコチラ

SQLのTRIM()関数を使って文字列の先頭と末尾の空白を削除する方法

SQLのTRIM()関数は、文字列の先頭や末尾に存在する不要な空白を取り除く非常に便利な関数です。この記事では、TRIM()関数の基本的な使い方から、さまざまな応用例まで詳しく解説します。

目次

TRIM()関数とは?

TRIM()関数は、SQLで文字列データを扱う際に非常に便利な関数の一つです。この関数を使うと、文字列の先頭や末尾に存在する空白を簡単に削除することができます。

基本的な構文

TRIM()関数の基本的な構文は以下のようになります。

TRIM([BOTH | LEADING | TRAILING] [削除する文字] FROM [対象の文字列])

基本的な使い方

先頭と末尾の空白を削除

基本的な使い方としては、指定した文字列の先頭と末尾にある空白を削除することができます。

SELECT TRIM(' こんにちは ') AS trimmed_string;

このクエリを実行すると、” こんにちは “という文字列から先頭と末尾の空白が取り除かれ、”こんにちは”が出力されます。

LEADINGとTRAILING

LEADINGやTRAILINGを指定することで、先頭だけまたは末尾だけの空白を削除することも可能です。

SELECT TRIM(LEADING ' ' FROM ' こんにちは ') AS leading_trimmed;
SELECT TRIM(TRAILING ' ' FROM ' こんにちは ') AS trailing_trimmed;

応用例

特定の文字を削除

TRIM()関数は空白以外の文字も削除することができます。以下のクエリは、文字列の先頭と末尾にある”#”を削除します。

SELECT TRIM(BOTH '#' FROM '##こんにちは##') AS special_char_trimmed;

複数の文字列を処理

複数の文字列に対してTRIM()関数を適用する場合もあります。その際は、IN句やJOIN句と組み合わせることが多いです。

元のテーブル(table_name)IDText
1 こんにちは
2 さようなら
元のテーブル
SELECT ID, TRIM(Text) AS Trimmed_Text FROM table_name;
結果のテーブルIDTrimmed_Text
1こんにちは
2さようなら
結果のテーブル

まとめ

SQLのTRIM()関数は、文字列の先頭や末尾に存在する不要な空白や特定の文字を簡単に削除することができる非常に便利な関数です。基本的な使い方から応用例まで、この関数をマスターすることでデータのクレンジングが格段に効率的になります。

コメント

コメントする

目次