優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

SQLにおけるRTOとRPOを理解する:バックアップとリカバリの基礎

この記事では、SQL(Structured Query Language)環境でのRTO(Recovery Time Objective)とRPO(Recovery Point Objective)について解説します。これらは、データバックアップとシステムリカバリに関わる重要な指標です。具体的な事例とともに、どのようにしてこれらの指標を理解し、計画に取り入れるかについて詳しく説明します。

目次

RTO(Recovery Time Objective)とは

RTOは、システムがダウンした際に、どれだけの時間以内に復旧すべきかを定義する指標です。

項目説明
RTOシステムがダウンした場合に必要な復旧時間
RTOの基本説明

RTOの計算方法

RTOの計算にはいくつかの要素が影響します。

  • システムの複雑性
  • 復旧に必要なリソース
  • 人的リソース

具体的な計算手順

1. ダウンタイムの影響を評価
2. 必要な復旧手順を列挙
3. 各手順にかかる時間を見積もる

RPO(Recovery Point Objective)とは

RPOは、データロスを許容する時間の長さを定義する指標です。

項目説明
RPOデータロスが許容される最大時間
RPOの基本説明

RPOの計算方法

RPOの計算には以下の要素が影響します。

  • データの変更頻度
  • バックアップの頻度
  • データの重要度

具体的な計算手順

1. データの変更頻度を評価
2. バックアップの頻度を設定
3. データの重要度に応じて許容データロス時間を設定

RTOとRPOの違い

RTOとRPOはよく混同されがちですが、以下のように異なります。

項目RTORPO
対象システム全体データ
目的復旧時間の設定データロス許容時間の設定
RTOとRPOの違い

まとめ

RTOとRPOは、それぞれシステムの復旧時間とデータロス許容時間を定義する重要な指標です。適切なバックアップとリカバリ計画を作成するためには、これらの指標をしっかりと理解し、計画に取り入れる必要があります。

コメント

コメントする

目次