ITを駆使して「極悪犯罪者」から子供達を守る方法を真剣に考えた

子供が極悪犯罪者の犠牲になるニュースが後を絶ちません。表沙汰にならない事件もかなりの件数あると思われます。大人の社会に適応できない人間が弱い人間をターゲットにしてフラストレーションを発散してるように感じます。格差が広がるこの日本では今後も増加していく傾向にあると考えています。

私も子を持つ親として絶対に被害者を出さないようにしていかなくてはならないと考えています。とにかく一連の事件は不幸でしかなく親御さんの気持ちを察すると絶望的な気分になります。本当に力を合わせて一部のモンスターから子供達を守らなけれなりません

私は、ITに携わる仕事をしているので、最新のテクノロジーで防ぐ方法を考えてみたいと思います。

テクノロジーで子供を守る?

子供の登下校をボランティアスタッフ等で見守るのが最近の主流です。抑止力もあり効果的だと思いますが、人員が足りなかったり環境的に無理な場合もあり、完璧に防ぐ事は困難です。また、ボランティアスタッフの中に犯罪者が紛れていたふざけた事件もありました。そこで私は、現状のディフェンスと合わせて最新のテクノロジーを活用していくべきだと思っています。現状にプラスαなので、マイナスにはならないので検討してみる価値はあるでしょう。

子供達をAIとドローンで監視

子供達にGPS端末を配布

子供達にGPS端末を持たせて位置情報を監視し、普段と行動パターンが異なったら保護者や警察に連絡がされる仕組みはどうでしょうか。子供の行動パターンは学校と自宅の往復がメインになっていますから、子供の位置情報をAIに監視させておけば自動的に行動パターンが何時もと不自然な子を割り出す事が可能です。パターンを学習していくAIの得意とする分野です。

GPSを犯人に奪われたら?

犯人にGPSを奪われたらどうする?

といった話になるかと思います。安心してください大丈夫です。AIが行動を監視しているので動かなくなったGPS信号は不自然であるといった判断をしますので、警察、及び保護者のスマホにアラートが発信されます。

ドローンの活躍

アラートがスマホに届くといった事は良いと思うが、いざ駆け付けたところで連れ去られた後だったらどうするの?

といった話も出てくると思います。そこでドローンを活用するわけです。交番や学校に待機させているドローンをアラートが出ている現場に自動的に飛ばせるように設定をしておきます。ドローンが映す現場の映像をスマホで確認します。問題なければ安心ですし、何かあれば人が駆け付けるよりも遥かに短時間で済みます。また、車が通れないような狭い場所等でも平気なので非常に有用かと思います。万が一モンスターに連れ去られる状態であったならばドローンに追跡させます。ドローンにサイレンを鳴らせるよにしておきますので、抑止力にもなるかと思います。

各家庭の庭に監視ドローンを待機させておけば、現場へ駆け付けるスピードが速くて更に良いでしょう。

AIによる音声解析

さて、せっかくAIが監視しているので、更に働いてもらうことにしましょう。
子供に持たせているGPS端末(スマホで良い)で音声を拾ってAIに解析させます。例えば不審者が話かけた場合、AIは速攻でアラートを出すでしょう。そのくらいの性能を最近のAIは持っています。そしてドローンを自動的に向かわせれば良いわけです。

まとめ

AIの宣伝みたいになってしまいましたが、最近のテクノロジーを活用する事で悲劇的な事件を防げることがお分かりいただけたかと思います。AIなので24時間365日監視してくれますし、人間の監視と違って見ていなかったとかフザケタ事は言いません。とにかくどんな手を使ってでも子供達を守る必要があります。これ以上犠牲者を出さないようにしたいです。後はプランを具体化して実行していくだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です