無料かつ秒速で画像圧縮できる神サイト『TinyPNG』の使い方、及び圧縮画質の検証

筆者は画像を圧縮する時は「TinyPNG」というWebサービスを利用しています。本記事では、「TinyPNG」の利用方法と画質が劣化していないことの検証を行います。


筆者がTinyPNGを利用している理由

まずはTinyPNGを利用している理由を列挙します。主にブログ用に画像を圧縮するために3年くらいはずっと利用しています。

  1. 無料
  2. 圧縮しても劣化しない
  3. ソフトのインストールが不要
  4. ウザイ広告が無い
  5. 安定している(3年間利用して一度も不安定だっとことが無かった)
  6. 利用し易い
  7. 無料で利用できる範囲が広い(同時20画像、最大5MB)
  8. 高速
  9. パンダが可愛い
  10. パソコンの環境に依存しない

TinyPNGの利用方法

TinyPNGの利用方法の解説です。

TinyPNGのサイトにアクセスします。

下の画面が出てくるので、赤枠の中に圧縮した画像ファイルを放り込んでください。

ikuji.png という画像を圧縮しました。1.5MBのファイルが382.3KBまで圧縮されました。圧縮率でいくと76%です。

左側の「dowanload」をクリックすることで圧縮後のファイルをダウンロードすることができます。

TinyPNGでの圧縮の検証

さて、期待通りに圧縮ができているのか検証をしてみましょう。

下は圧縮前後のファイルです。圧縮前は1,546KBで圧縮後は374KBとなっています。ほぼサイトでの表示通りに圧縮されています。

圧縮して画質が悪くなったら元も子もありません。圧縮前後で比較をしてみました。

左が圧縮前、右が圧縮後の画像です。圧縮が優秀で見分けがつきませんね。

※画像をクリックすると原本ファイルを見ることができます。

圧縮前後の画像を最大値まで拡大しました。多少圧縮後は荒くなるのかと思ったんですが、私の目では違いが識別ができません。

※画像をクリックすると原本ファイルを見ることができます。

まとめ

「TinyPNG」の使い方と画質の検証をしました。画質が劣化していないところを見ると圧縮のアルゴリズムが優秀だと判断できます。世界中で利用されているサイトなので信頼性も抜群ですし今後も活用していきたいと改めて思いました。

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です