UiPathで作成したロボットをバッチで起動させる方法|コードのあり

UiPathで作成したロボットをバッチで起動させる方法を解説します。

コード定義

以下のコードでロボットをコマンドから起動できます。

call  {ロボットのEXEファイル} execute –file {作成したxamlファイル}

ファイルの場所

ファイルの場所を確認します。

{ロボットのEXEファイル}

{ロボットのEXEファイル}は以下の場所にあります。赤文字は環境毎に異なります。

C:\Users\ユーザーID\AppData\Local\UiPath\app-x.x.x\UiRobot.exe

{作成したxamlファイル}

ロボットの作成場所は指定できるので、指定した場所になります。

デフォルだと以下の場所になります。赤文字は環境毎に異なります。

C:\Users\ユーザーID\Documents\UiPath\プロジェクト名\Main.xaml

実際のコード

メモ帳に以下の例のように入力して保存し、拡張子をbatに変更すればバッチの出来上がりです。簡単!!

 

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。