無料で使えるUiPath Community Edition の最短セットアップ方法|RPAを体験しよう

UiPath Community Editionの最短でのダウンロードとインストール方法を解説します。UiPath Community Editionは、無料で利用可能なので「RPAとは何ぞや」という方は実際に使ってみましょう。

   

Community Editionとは

UiPathには複数のライセンス形態があります。Community Editionは無料版という位置づけで条件としては以下のようになっています。

✔ 評価利用であれば完全無料で利用できる。

✔ 以下の条件の企業であれば5ロボットまで無料で利用できます。
・端末数:ユーザー数が250台未満
・年間売上:約5億円以下(500万米ドル以下)

Community Editionのダウンロード

UiPathのサイトは変動が激しく、Community Editionのダウンロードを明記すると直ぐ変わってしまうので、以下のリンクから直接ダウンロードしてください。リンク先は変わらないようです。250MBあります。

http://download.uipath.com/UiPathStudioSetup.exe

Community Editionのインストール

3分程度あれば最近の環境だとすんなりインストールできます。

先ほどダウンロードした実行ファイルをダブルクリックしてください。

インストーラーが起動しました。ロゴかっこいいですね

Communityライセンスを選択します。

UiPath Studioを選択します。

安定版にしておきましょう。

UiPath Studioの起動

ロボットの作成と実行が可能な、UiPath Studioをプログラム一覧から立ち上げます。

立ち上がればインストール成功となります。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ