優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Excel VBAを使用したPowerPointプレゼンテーションの自動保存方法

この記事では、Excel VBAを使用してPowerPointのプレゼンテーションを自動保存する方法について詳しく解説します。具体的なコード例を元に、その背後にある仕組みや、さらなる応用例についても触れます。

目次

Excel VBAの基本

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、Microsoft Excelに組み込まれたプログラミング言語です。これを用いると、単純作業の自動化だけでなく、高度なデータ分析やレポート作成も可能になります。

そもそも、どこにVBAコードを書いて、どう実行すれば良いのか分からない場合は、以下の記事をご参照ください。

PowerPointのプレゼンテーションを自動保存する基本的な方法

PowerPointのプレゼンテーションは、Excel VBAから操作することができます。以下のコードは、ExcelからPowerPointを開き、既存のプレゼンテーションを開いて保存する基本的な手順を示しています。


Sub AutoSavePowerPointPresentation()
    Dim pptApp As Object
    Dim pptPresentation As Object

    ' PowerPointアプリケーションのインスタンスを作成
    Set pptApp = CreateObject("PowerPoint.Application")
    pptApp.Visible = True

    ' PowerPointプレゼンテーションを開く
    Set pptPresentation = pptApp.Presentations.Open("C:\path\to\presentation.pptx")

    ' プレゼンテーションを保存
    pptPresentation.Save

    ' オブジェクトを解放
    Set pptPresentation = Nothing
    Set pptApp = Nothing
End Sub

コードの詳細解説

1. `Dim`で変数を宣言します。`pptApp`はPowerPointアプリケーションを参照し、`pptPresentation`は開くプレゼンテーションを参照します。
2. `CreateObject`関数でPowerPointアプリケーションの新しいインスタンスを作成します。
3. `pptApp.Presentations.Open`メソッドでプレゼンテーションを開きます。ここで、ファイルのフルパスを指定します。
4. `pptPresentation.Save`メソッドでプレゼンテーションを保存します。
5. 最後に、使用したオブジェクトを解放してリソースを解放します。

応用例

1. 複数のプレゼンテーションを一括で保存

特定のフォルダ内のすべてのプレゼンテーションを一括で保存したい場合のコード例です。


Sub BatchSavePowerPointPresentations()
    Dim pptApp As Object
    Dim pptPresentation As Object
    Dim file As String, folderPath As String
    folderPath = "C:\path\to\folder\"
    file = Dir(folderPath & "*.pptx")
    Set pptApp = CreateObject("PowerPoint.Application")
    pptApp.Visible = True
    While file <> ""
        Set pptPresentation = pptApp.Presentations.Open(folderPath & file)
        pptPresentation.Save
        Set pptPresentation = Nothing
        file = Dir
    Wend
    Set pptApp = Nothing
End Sub

2. 一定間隔で自動保存

指定した時間間隔でプレゼンテーションを自動保存するコード例です。


Sub IntervalSavePowerPointPresentation()
    Dim pptApp As Object
    Dim pptPresentation As Object

    Set pptApp = CreateObject("PowerPoint.Application")
    pptApp.Visible = True

    Set pptPresentation = pptApp.Presentations.Open("C:\path\to\presentation.pptx")

    ' 10分ごとに保存
    Application.OnTime Now + TimeValue("00:10:00"), "IntervalSavePowerPointPresentation"

    pptPresentation.Save
    Set pptPresentation = Nothing
    Set pptApp = Nothing
End Sub

3. 保存時にバックアップを作成

プレゼンテーションを保存する際に、同じフォルダ内にバックアップを作成するコード例です。


Sub SaveWithBackupPowerPointPresentation()
    Dim pptApp As Object
    Dim pptPresentation As Object
    Dim filePath As String

    filePath = "C:\path\to\presentation.pptx"

    Set pptApp = CreateObject("PowerPoint.Application")
    pptApp.Visible = True

    Set pptPresentation = pptApp.Presentations.Open(filePath)

    ' バックアップを作成
    FileCopy filePath, Replace(filePath, ".pptx", "_backup.pptx")

    pptPresentation.Save
    Set pptPresentation = Nothing
    Set pptApp = Nothing
End Sub

まとめ

Excel VBAを使用してPowerPointのプレゼンテーションを自動保存する方法は非常に便利で、多岐にわたる応用が可能です。上記の基本的な方法や応用例を参考に、独自のカスタマイズや拡張を試してみることをおすすめします。

VBAも良いけどパワークエリも良い

VBAの解説をしてきましたが、VBAは正直煩雑でメンテナンス性が悪いです。最近はモダンExcelと呼ばれるパワークエリやパワーピボットへのシフトが進んできています。本サイトでもパワークエリの特集をしており、サンプルデータを含む全11回の学習コンテンツでパワークエリを習得することができます。

クリックするとパワークエリの全11講座が表示されます。

パワーピボットの記事はありません。興味がある場合は、書籍で学んでみてください

コメント

コメントする

目次