Amazon Prime 感謝祭 10/14,15詳細はコチラ

Excel VBAで作業を効率化する具体的な手順とコード例

Excel VBA(Visual Basic for Applications)は、Excelで作業効率を向上させるためのプログラミング言語です。しかし、多くの初心者がどう入門するべきか、どうコードを書いて実行するかでつまづきます。この記事では、Excel VBAの基本的な手順と具体的なコード例に焦点を当てます。

目次

ExcelでVBAエディタを開く方法

ExcelにはVBAエディタと呼ばれるプログラミング環境が内蔵されています。VBAエディタにコードを書くことで様々な処理を実行することができます。

[開発タブ]がある場合

STEP
ExcelからVBAエディタを起動

Excelの「開発」タブをクリックし、そこから「Visual Basic」を選択することでVBAエディタを開けます。

STEP
VBAエディタ

[開発タブ]が無い場合

開発タブが見えない場合!!以下手順で開発タブを表示させてください

STEP
「ファイル」を選択
STEP
オプションを選択
STEP
[開発]にチェックを入れる

[リボンユーザー設定]を選択して、[開発]にチェックを入れてください。これで開発タブが表示されます。

新しいマクロの作成

VBAエディタが開いたら、「挿入」→「モジュール」で新しいモジュールを作成します。ここにコードを書いていきます。

単純なメッセージボックスの表示

上記のコードをモジュールに貼り付け、「F5」キーを押すか「実行」ボタンをクリックすると、「こんにちは、Excel VBA!」というメッセージボックスが表示されます。

Excelのセルを操作する

Excel VBAでは、セルに値を入力したり、書式を設定することができます。

セルに値を入力するコード例

このコードを実行すると、A1セルに「これはA1セルです」と表示されます。

セルの書式を設定するコード例

このコードを実行すると、A1セルのフォントが太字で18ポイントに設定されます。

ループと条件分岐

VBAには、繰り返し(ループ)や条件による処理(条件分岐)も存在します。

ループでセルに連番を挿入

このコードを実行すると、A1からA10までのセルに1から10までの数字が入ります。

条件分岐でセルの値を判断

このコードはA1セルの値が10より大きいかどうかを判断し、その結果をB1セルに表示します。

まとめ

Excel VBAは非常に強力なツールで、日常業務の効率化に役立ちます。基本的なExcelの操作からスタートして、少しずつVBAでできることを拡げていくことが重要です。本記事で紹介した基本的なコード例から始めて、自分だけのVBAスキルを磨いていきましょう。

コメント

コメントする

目次