Windows11で『ファイルの拡張子』を表示する二つの方法を解説

ファイルの拡張子の表示方法がWindows10とWindows11で異なっていたので戸惑いました。本記事ではWindows11で拡張子を表示する方法を二つ解説します。

ファイルの拡張子とは?

ファイルの種類によって拡張子が以下のように異なっています。Windows11のデフォルトの設定では非表示になっているので表示しておいた方が何かと便利です。

ファイル形式拡張子表示例
Excelxlsxsmaple.xlsx
テキストファイルtxtsample.txt
PDFファイルpdfsample.pdf
画像ファイルjpeg
png
sample.jpeg
sample.png

拡張子を表示する方法1

拡張子を表示する一つ目の方法です。エクスプローラーを立ち上げて「①表示」を選択して「②表示」を選択すると「③ファイル名拡張子」項目が表示されるのでクリックしてチェックを入れてください。下図の状態は拡張子が表示される状態です。

拡張子を表示する方法2

拡張子を表示する二つ目の方法です。エクスプローラーを立ち上げて①「・・・」を選択して「②オプション」をクリックします。

フォルダーオプションの①表示タブを選択します。

「②登録されている拡張子は表示しない」のチェックを外します。下図の状態は拡張子が表示される状態です。

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ