Windows11でアプリを強制的に自動起動させる二つの方法、いわゆるスタートアップ設定

Windows11でWindows起動時に自動的に起動するアプリを設定する方法を解説します。レジストリを利用する方法と利用しない2つの方法があります。

レジストリを利用しない方法

①WindowsキーとRキーを同時押しして「ファイル名を指定して実行」を開きます。

②shell:startup と入力します。

開かれたディレクトリに自動起動したいアプリのショートカットを置きます。これで再起動すると置いたアプリが自動的に立ち上がります。

以下は、ショートカットを置くディレクトリ

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

レジストリを利用する方法

① Windowsキー + Rキー の同時押下でファイル名を指定して実行を開きます。

② regedit    と入力してOkボタンを押下します。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可します。」で「はい」を選択します。

レジストリエディターが立ち上がります。

以下パスに移動します。

コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Run

以下のように設定します。

名前⇒ 自動起動アプリ名

種類⇒ REG_SZ

データ⇒ 自動起動アプリのパス

これで設定したアプリが起動時に自動起動されます。

また、自動起動を停止させたい場合は、レジストリを削除するのではなく、設定のアプリ>スタートアップ でオンとオフができるようになっています。レジストリに追加をしないとこの項目にアプリが出てくることはありません。

複数の端末のレジストリを一括で変更する方法は以下の記事をご参照ください。

グループポリシーでWindows起動時に自動起動するアプリを指定する具体的な方法