Windows11でユーザーを作成する3つの方法|バッチファイルのサンプルあり

Windows11でユーザーを作成する3つの方法を解説します。ITスキルや利用環境に応じて使い分けてください

コンピュータの管理からユーザーを作成する方法

コンピュータの管理からユーザーを作成する方法です。

Windowsアイコンを右クリックして、「コンピュータの管理」を選択します。

① コンピュータの管理が立ち上がりますので、「ユーザー」メニューを左メニューより選択します。

システムツール>ローカル ユーザーとグループ>ユーザー

② 右クリックから「新しいユーザー」を選択します。

新しいローカルユーザー名とパスワードを入力します。下方にあるチェック項目は好きなように設定します。

以下のように追加されていれば成功です。

作成したユーザーはデフォルトだとプログラムのインストールが出来ない等の制約のついた「Users」権限です。管理者権限へ変更するには、プロパティを開き①追加から②Administratorsを追加してください。Usersは残しても削除してもどちらでも同じです。

これでサインインが可能となります。

Windowsの設定からユーザー作成を行う方法

Winsowsの設定からユーザーを作成する方法です。

①タスクバーのWindowsアイコンをクリックします。又は、Windowsキーをタイプします。

②アプリ一覧の中に「設定」メニューがあるのでクリックします。

Windowsの設定画面が表示されます。

左メニューの「アカウント」を選択して、「他のユーザー」を選択します。

他のユーザー項目の「アカウントの追加」を選択します。

Microsoftアカウントがある場合でWindowsのログインでMicrosoftアカウントを利用する場合は、登録しているメールアドレスを入力します。それ以外は、「このユーザーのサインイン情報がありません」を選択します。

Microsoftアカウントを作ることもできますが、今回はMicrosoftアカウントを使わない方法とします。

すなわち「Microsoftアカウントを持たないユーザーを追加する」を選択します。

以下を入力してユーザーを作成します。

・ユーザー名
・パスワード
・パスワードを忘れた場合の質問

作成されました。

作成したユーザーはデフォルトだとプログラムのインストールが出来ない等の制約のついた標準ユーザー権限です。管理者権限へ変更するには、アカウントのオプションの「アカウントの権限の変更」を選択します。

アカウントの種類を標準ユーザーから管理者へ変更します。

管理者へ変更すると、以下のように管理者と表記されます。

バッチファイルでユーザーを作成する方法

少し高度ですが、バッチファイルからユーザーを作成する方法です。

以下のコードのユーザー名、パスワード及び表示名を変更してメモ帳に保存し、拡張子を「txt」から「bat」へ変更してください。

作成したバッチファイルを右クリックして「管理者として実行」を選択してください。

完了すると以下の表示となります。

以下のようにユーザーが作成されます。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。