Windows11でコントロールパネルを開く5通りの方法

   

Windows11でコントロールパネルを開く方法を5通り紹介します。何だかんだと最後はコントロールパネルが必要になります。

Windowsメニューからコントールパネルを起動する

Windowsのメニューからコントロールパネルを開く方法です。誰でも簡単に開くことができます。

①Windowsマーク(又はWindowsキー)を押してWindowsメニューを表示させます。②右上の「全てのアプリ」を選択します。

「Windowsツール」を選択します。

コントロールパネルのアイコンをダブルクリックで起動できます。

ショートカットをデスクトップに置いておくと次起動したい時に楽です。

検索からコントールパネルを起動する

①検索マークを押下します。

②検索バーに「コントールパネル」と入力します。

③コントロールパネルが表示されるので起動できます。

ファイル名を指定して検索からコントールパネルを起動する

Windowsキー + Rキー 同時押しをして「ファイル名を指定して実行」を開きます。

「コントールパネル」を入力してOKを押下するとコントロールパネルが起動されます。

Windows PowerShellからコントールパネルを起動する

Windows PowerShellを起動します。

control と入力してエンターキーを押下するとコントロールパネルが起動します。

コマンドプロンプトからコントロールパネルを起動

コマンドプロンプトを起動します。

control と入力してエンターキーを押下するとコントロールパネルが起動します。

1時間で1万円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法

現在、ITトレンドで普段お使いのWeb会議やチャットツール等の業務システムのレビューをするだけで1レビューにつき1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者も10個のレビューを書き1時間以内に1万円分のAmazonギフト券をゲットしました。

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券1万円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ