Windows11でリモートデスクトップ(RDP)を許可する方法

Windows11でリモートデスクトップ(RDP)を許可する方法を解説します。

Windowsの設定を開く

①タスクバーのWindowsアイコンをクリックします。又は、Windowsキーをタイプします。

②アプリ一覧の中に「設定」メニューがあるのでクリックします。

Windowsの設定画面が表示されます。

Administrators権限のリモートデスクトップ許可方法

システムが開けたら、右のメニューから「リモートデスクトップ」を選択します。

Remote Desktop をオンに変更します。これでAdministrators権限のユーザーはリモートデスクトップができるようになります。

Users権限のリモートデスクトップ許可方法

Users権限のユーザーをリモートデスクトップさせるには、追加で設定が必要になります。

Remote Desktop Usersの右側にある四角をクリックします。

リモートデスクトップを許可したいユーザーを追加します。Domain Users等のグループを指定しても良いです。

 

Windows11

Posted by ittrip