ついにキター!オーディオマニア向けスマホ 「GRANBEAT」by Onkyo

ありそうで無い、凄い欲しかった

オーディオ性能に重点をおいたスマホが2月下旬にOnkyoから発売されます。その名もgranbeat

2台持ちからの解放

ハイレゾ対応のプレイヤーが流行っていて、欲しいなーと思っていました。でも、正直な話スマホと2台持ちってやだなーって事でスマホで音楽を聞いています。ZenFone3ならハイレゾも聞けるしそれなりの音だしね〜

スペックはどうよ

いろいろ調べようと思いましたが、プロのライターの記事が完璧だったのでリンクを参照してください

とにかく贅沢の限りを尽くした仕様となっていて、オーディオとスマホ両方とも手を抜いていません。まさに完璧

無線のノイズとか大丈夫なの?

当然、通信時に発生するノイズってのが音質にどの程度影響するのか気になるところだと思います。

でも、これがきちんと対策されているわけです。具体的には以下2点

1.CPUとDACの完全な分離

CPUは電磁波を出していますから、当然分離させたほうが論理的に考えても高音質を得られるはずです。さすがと言わざるを得ない

2.高周波設計技術とオーディオ設計技術を組み合わせた「シールド技術」

特許出願中ということもあって、中身はわかりませんが、スマホとの共存を可能とさせる「何か」でしょう

値段はどうよ

8万5千円程度との事です。いけるじゃんiphoneと同じくらいじゃん

いけるじゃん!!

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

3件のコメント

  1. ピンバック:マジ早い!!ZenFone4が5月に発売!ハイレゾは聞けるか! – IT trip

  2. これ、いいですね!
    なんとなくAndroidにはネガティブな印象を抱いていますが、これは欲しくなります。

    • ソフトウェアがどれだけ音質に影響してくるか心配なところですね。OnkyoのDAP単体もAndroidなのでAndroid自体は問題ないと思うんですが、インターネットと常時接続されるので、他のソフトウェアとの兼ね合いで色々と未知の不具合がありそうです。でもOnkyo HPP layerでそこれへんは吸収してくれんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です