Windows Server 2016からライセンス費用がコア換算になり実質値上がった?! 

Windows Server 2016からライセンスの換算方式が変更されました。今まではプロセッサ単位での換算であったものが、コア単位での換算となっています。プロセッサ毎のコア数が技術改新と共に増加してきた事が影響していると思われます。

換算方法

2コア毎に1ライセンスが必要なってきます。(StandardとDatacenter 共に)

また、下記の条件があります。

・1プロセッサあたり最低8コア
・1サーバあたり最低16コア

よって、どんな底スペックなサーバについても最低でも16コア分である8ライセンスを購入する必要があります。

逆に下記の構成の場合は32コア分の16ライセンスが必要となってきます。

・16コアのプロセッサを2個積んだサーバ

仮想OSを考えた場合

仮想OSを含めた換算はさらに難しくなります。

定義:2仮想OS毎にサーバ一台分のライセンスが必要

下記構成のサーバで2仮想OSまでについては、8ライセンス(16コア分)で利用できます。
4仮想OSとした場合は、8ライセンス追加の計16ライセンスを調達する必要があります。

・8コアのプロセッサを2個

以前の費用との比較

以下の構成だと以前と金額が変わらないように設計されています。このスペック以上だと金額が値上がります。

・8コアのプロセッサを2個

注意点

値上がるから、Windows Server 2012を利用しようと思っても、もう以前のライセンス体系では調達できません。利用する場合はWindows Server 2016を購入してダウングレードすることになります。

最後に

換算方法が非常に難解なのでツールを作りましたのでご利用ください。
上記の分かりにくい説明で分からなかった方も利用すれば理解ができると思います。
どんどん値上げするマイクロソフトって、、、

Windows Server 2016 以降のライセンス計算ツール(コア換算)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です