グループポリシーでWindows11用の管理テンプレートを使えるようにする方法

Windows10をWindows 11 October 2021 Update (21H2)にアップデートしても、新たに追加された機能や変更になった機能に関するグループポリシーはActive Directory上にありません。そこで本記事では、Windows 11 October 2021 Update (21H2)用の管理テンプレートを使えるようにする方法を解説します。

Windows 11 October 2021 Update (21H2)用の管理テンプレートを取得

Windows 11 October 2021 Update (21H2)用の管理テンプレートをマイクロソフトのサイトから取得します。

以下のURLにアクセスし、Administrative Templates (.admx) for Windows 11 October 2021 Update (21H2)を選択します。ちなみに英語ですが、GPOは日本語で表示されるのでご安心ください。

https://docs.microsoft.com/en-us/troubleshoot/windows-client/group-policy/create-and-manage-central-store

ダウンロードをクリックします。

インストールと言う名の展開

「Administrative Templates (.admx) for Windows 11 October 2021 Update.msi」がダウンロードされるので、右クリックしてインストールを選択してください。Windows端末であればどの環境でもインストール可能ですがActive Directoryで利用するのでActive Directory上の任意のディレクトリで実行してください。

[Next]を選択してください。

同意ボタンにチェックを入れて[Next]を選択してください。

[Next]を選択してください。

[Install]を選択してください。

[Finish]を選択してください。

“C:\Program Files (x86)\Microsoft Group Policy\Windows 11 October 2021 Update (21H2)"

に移動すると「PolicyDefinitions」がありますが、これが今回欲しかったフォルダになります。

Windows 11 October 2021 Update (21H2)を適用

さて仕上げです。Active Directoryの以下パスに移動してください。

C:\Windows\SYSVOL\domain\Policies

PolicyDefinitionsが存在する場合

移動したパスにPolicyDefinitionsが存在する場合は、先ほどインストールして展開した「PolicyDefinitions」で上書きをしてください。置き換えではなく必ず上書きにしてください、理由としはMicrosoft Office等の今回取得したファイルに含まれないadmxフィアルが既に存在している可能性があるからです。上書きであれば、それらのadmxファイルはそのまま残ります。

具体的な上書き方法です。

展開した「PolicyDefinitions」内のフォルダとファイルを①Ctrl+Aで全て選択してコピーしてください。そして上書き先に移動して貼り付けをしてください。数分で完了します。

PolicyDefinitionsが存在しない場合

「PolicyDefinitions」フォルダが存在しない場合は、先ほど取得した「PolicyDefinitions」をC:\Windows\SYSVOL\domain\Policiesに置いてください。

管理テンプレートが利用可能となる

これでWindows 11 October 2021 Update (21H2)用の管理テンプレートが利用可能になりました。管理テンプレート追加に関する詳しい内容は下記記事をご参照ください。

管理テンプレートadmx,adml の適用方法|ローカルの場合とドメコンの場合の2パターンを解説

グループポリシー管理用テンプレート一覧

グループポリシー管理用テンプレートはMicrosoft OfficeやZoom等様々なアプリケーションで用意されています。以下の記事で一覧として纏めましたので良ければご参照ください。活用することでシステム管理が容易になります。

グループポリシー管理用テンプレート一覧(admx,admxl,admファイル)|Officeだけじゃないよ

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ