ITフリーランス向け業務委託案件の紹介サービス「ココナラ」詳細はこちら

管理テンプレートadmx,adml の追加方法|ローカルの場合とADの場合の2パターンを解説

グループポリシーの管理テンプレートは追加が可能です。管理テンプレートは「admxファイルadmlファイルのセット」または「admファイル」といったファイル形式で配布がされていて、それぞれの環境に追加をする流れになっています。追加するメリットの分かり易い具体例だとChromeやMS Officeがグループポリシーで管理可能になるわけです。本記事では、「admxファイルadmlファイルのセット」の適用方法を解説します。

目次

Active Directoryのグループポリシーへ追加する場合

Active Directoryに追加する方法です。

admxファイルを置く

Active Directoryサーバーの以下パスに「admxファイル」を置いてください(admxは言語に依存しないファイル)

C:\Windows\SYSVOL\domain\Policies\PolicyDefinitions

※PolicyDefinitionsが無い場合は作成してください

admlファイルを置く

PolicyDefinitionsの直下の言語フォルダに「admlファイル」を置いてください(admlは言語に依存するファイル)

以下の例では、英語の言語ファイルを格納するen-USを指定しています。GUIが英語で表記されます。日本語のadmlが用意されている場合はjpフォルダ内に格納してください

C:\Windows\SYSVOL\domain\Policies\PolicyDefinitions\en-US

管理テンプレートが追加されているか確認してください。

ローカルグループポリシーに追加する場合

ローカル環境に追加する方法です。

admxファイルを置く

以下のパスに「admxファイル」を置いてください(admxは言語に依存しないファイル)

C:\Windows\PolicyDefinitions

admlファイルを置く

PolicyDefinitionsの直下の言語フォルダに「admlファイル」を置いてください(admlは言語に依存するファイル)

以下の例では、英語の言語ファイルを格納するen-USを指定しています。GUIが英語で表記されます。日本語のadmlが用意されている場合はjpフォルダ内に格納してください

C:\Windows\PolicyDefinitions\en-US

管理テンプレートが追加されているか確認してください。

ADM形式の適用方法

Windows Xp 及び Windows server 2003 以前のOSの場合は、ADMX形式の利用ができません。ADM形式の利用に限られます。方法については下記の記事をご参照ください。

グループポリシー管理用テンプレート『ADM形式』の適用方法

グループポリシー管理用テンプレート一覧

グループポリシー管理用テンプレートはMicrosoft OfficeやZoom等様々なアプリケーションで用意されています。以下の記事で一覧として纏めましたので良ければご参照ください。活用することでシステム管理が容易になります。

グループポリシー管理用テンプレート一覧(admx,admxl,admファイル)|Officeだけじゃないよ

ここ最近、筆者は仕事と子育てに追われています。その中で、学びをスケジュールに組み込むために、Amazonが提供する本を聴くことができるサービス「Audible」を使い始めました。旅行や家事や運動、お風呂の時間などに本を取り入れることで、知識欲を満たすことができています。2カ月間無料で利用できますので試してみてはいかがでしょうか。

コメント

コメント一覧 (14件)

コメントする

目次