グループポリシー(GPO)でGoogle Chromeへのパスワード保存を禁止する方法

本記事ではグループポリシー(GPO)を活用して、Google Chromeへのパスワード保存を禁止にする方法を解説します。デフォルトの設定では、Chromeにパスワードが全て保存されますのでパスワードの外部流出リスクがあります。GPOで禁止しておきましょう。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Google Chrome用管理テンプレートの追加

デフォルトではGoogle Chrome用の管理テンプレートがありませんので、追加する必要があります。下記の記事を参照してChrome用の管理用テンプレートを追加してください。

Google Chromeをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法|画像で分かり易く解説

パスワード保存を禁止する設定

ポリシー設定

以下のポリシーを開いてください。

ポリシー:パスワードマネージャーへのパスワード保存を有効にする
パス:ユーザーの構成¥ポリシー¥管理用テンプレート¥Google¥Google Chrome¥パスワードマネージャ

「未構成」を「無効」にするだけです。

動作確認

設定が正常に適用されているか確認してみましょう。

Chromeの設定を開くと、「パスワードを保存できるようにする」が無効になっており、変更することができません。成功です!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。