Google Chromeをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法|画像で分かり易く解説

本記事では、Google ChromeをGPOで一元管理する方法を解説します。IEの設定はGPOのデフォルトで可能ですが、Chromeの場合はポリシーを追加する必要があります。ただ、追加さえすればIEと同様にGPOでChromeポリシーを定義する事が可能です。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Chromeポリシーの追加

流れとしては、ChromeポリシーをGoogleのサイトでダウンロードして、GPOに追加をします。

Chromeポリシーのダウンロード

以下からChromeポリシーのテンプレートをダウンロードしてください。

Google Chrome テンプレートの ZIP ファイルとドキュメント

分かりにくいんですが、Google Update に関するポリシーは別になっていますので合わせてダウンロードしてください。自動更新の無効化等ができます。英語のみ

Google Chrome Updateテンプレート

Chromeポリシーの追加

admxの適用方法については、下記の記事をご覧ください。

管理テンプレートadmx,adml の適用方法|ローカルの場合とドメコンの場合の2パターンを解説

Chrome ポリシーの検証

追加ができたでしょうか?

さて実際に機能するのか確認してみます。

GPOの設定

ChromeのホームページURLを指定してみたいと思います。

「コンピューターの構成」⇒「ポリシー」⇒「管理用テンプレート」⇒「従来の管理用テンプレート」⇒「Google」⇒「Google Chroem」⇒「ホームページ」へ移動します。

「ホームページのURLを指定する」をダブルクリックで開きます。

「有効」にして、ホームページのURLを https://www.yahoo.co.jp/ と指定しました。

GPOの確認

クライアント側での確認をしてみます。

Chromeを立ち上げて[chrome://policy]と入力すると適用済のポリシー一覧を参照する事が可能です。

下が参照結果ですが、指定した設定になっていて、ステータスもOKとなっています。

Chromeの設定画面でもhttps://www.yahoo.co.jp/がホームページに設定されていました。成功です。

グループポリシー管理用テンプレート一覧

グループポリシー管理用テンプレートはWeb上のいたるところに散らばっています。その中にはビックリするようなアプリケーションも含まれています。以下の記事で一覧として纏めましたので良ければご参照ください。

グループポリシー管理用テンプレート一覧(admx,admxl,admファイル)|Officeだけじゃないよ

まとめ

GPOでChromeの設定をしてみましたが、非常に簡単で拍子抜けしました。Chromeでないと動かないWebアプリも多数あることから、組織のパソコンでもChromeを利用するケースが増えてきています。IEの制御だけではなくChromeについても確実に制御をする必要があると考えています。

オススメの関連記事

2件のフィードバック

  1. 2018年9月27日

    […] Google Chromeをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法|画像で分かり易く解説 […]

  2. 2018年10月15日

    […] Google Chromeをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法|画像で分かり易く解説 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です