グループポリシー(GPO)でGoogle Chromeのプロキシ設定を一元管理する方法

本記事ではグループポリシー(GPO)を活用して、Google Chromeでプロキシ設定を一元管理する方法を解説します。WindowsではIEのプロキシ設定にChromeも連動しますが、IEを全く使わないでChromeで運用する場合などはChromeのプロキシポリシーで設定した方がシンプルでスマートです。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Google Chrome用管理テンプレートの追加

デフォルトではGoogle Chrome用の管理テンプレートがありませんので、追加する必要があります。下記の記事を参照してChrome用の管理用テンプレートを追加してください。

Google Chromeをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法|画像で分かり易く解説

Chromeのプロキシ設定

ポリシー設定

以下の4ポリシーでChromeのプロキシ設定をコントロールします。

4ポリシー:

プロキシ サーバー設定の指定方法を選択する
プロキシ サーバーのアドレスまたは URL
プロキシ .pac ファイルへの URL
プロキシ バイパス ルール

パス:ユーザーの構成¥ポリシー¥管理用テンプレート¥Google¥Google Chrome¥プロキシ サーバー

プロキシ サーバー設定の指定方法を選択する

プロキシサーバーの設定方法を決めます。「プロキシ サーバー設定の指定方法を選択する」ポリシーの「未構成」を「有効」にして、プロキシの設定方法を選択します。

pacファイルを使うのか、プロキシサーバーのURLを指定するのか、の2択かなと思います。ポリシーの詳細は下記をご参照ください

プロキシ サーバーのアドレスまたは URL

プロキシ サーバーのアドレスまたは URLで指定する場合は、「プロキシ サーバーのアドレスまたは URL」を有効にして、サーバーを指定してください。

プロキシ .pac ファイルへの URL

pacファイルを利用する場合は、「プロキシ .pac ファイルへの URL」を有効にしてpacファイルのある場所を指定してください。

プロキシ バイパス ルール

プロキシを通したくないURLがあれば、「プロキシ バイパス ルール」を有効にして、カンマ区切りでURLを記載してください。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。