Chromium版Edgeをグループポリシー(GPO)で管理可能にする具体的な方法

Chromium版のMicrosoft Edgeをグループポリシー(GPO)で管理できるようにする具体的な方法を解説します。旧Microsoft Edgeとは機能が全く異なるのでGPOを再考する必要があります。

Chromium版Edgeの管理テンプレートのダウンロード

以下のサイトからグループポリシーの管理テンプレート(amdxファイル)をダウンロードしてください。

https://www.microsoft.com/ja-jp/edge/business/download

「チャンネルバージョンを選択」「ビルドを選択」を指定すると、「ポリシーファイルを取得」がクリックできるようになりますのでクリックしてください。

「同意してダウンロード」を選択してください

MicrosoftEdgePolicyTemplates.zip というファイルがダウンロードされます。

Chromium版Edgeの管理テンプレートの適用

MicrosoftEdgePolicyTemplates.zipを展開します。

以下の4ファイルをActive Directory に置くことでChromium版Edgeの管理テンプレートの利用が可能となります。

MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\msedge.admx
MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\msedgeupdate.admx
MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\ja-JP\msedge.adml
MicrosoftEdgePolicyTemplates\windows\admx\ja-JP\msedgeupdate.adml

Active Directory への展開の仕方は、以下の記事をご参照ください。

管理テンプレートadmx,adml の適用方法|ローカルの場合とドメコンの場合の2パターンを解説

Chromium版Edgeの管理テンプレートの確認

正常に設定ができると、管理テンプレートの直下にMicrosoft Edgeが追加されます。これでChromium版Edgeの管理が可能となります。

ちなみに旧Microsoft Edgeは、Windowsコンポーネントの直下にあります。名称が一緒なので分かりにくい!!

あなたにオススメの関連記事

1件の返信

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。