GPOを使ってChromium版Edgeでサインインを強制させる方法

本記事では、グループポリシーを使ってChromium版Edgeでサインインを強制させる方法を解説します。EdgeにサインインしないとEdgeの利用ができないように一括制御します。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Chromium版EdgeをGPOで管理可能にする

Chromium版EdgeをGPOで管理するには、Chromium版Edge用の管理テンプレートをActive Directory に反映させる必要があります。以下の記事をご参照いただきご設定ください。慣れた人が行えば5分で終わる内容です。

Chromium版Edgeをグループポリシー(GPO)で管理可能にする具体的な方法

グループポリシーの設定変更

以下のポリシーを開きます。

ブラウザーサインインの設定

パス:ユーザーの構成¥管理テンプレート¥Microsoft Edge

①「未構成」を「有効」に変更します。
②オプションで「ユーザーにサインインしてブラウザーを使用するよう強制する」を選択します。

グループポリシーを適用して確認

グループポリシーを適用して確認します。

確認を行うクライアントでサインアウトを一度するか、コマンドプロンプトで以下をタイプしてグループポリシーを適用してください。

Edgeアイコンをクリックすると「管理者からサインインが要求されています。プロファイル1を使用するには、サインインをするか、別のアカウントに切り替えてください」という子画面が立ち上がりサインインをしないとブラウジングが出来ない状態となります。