GPOを使ってChromium版Edgeでサインインを無効にする方法

本記事では、グループポリシーを使ってChromium版Edgeでサインインを無効にする方法を解説します。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Chromium版EdgeをGPOで管理可能にする

Chromium版EdgeをGPOで管理するには、Chromium版Edge用の管理テンプレートをActive Directory に反映させる必要があります。以下の記事をご参照いただきご設定ください。慣れた人が行えば5分で終わる内容です。

Chromium版Edgeをグループポリシー(GPO)で管理可能にする具体的な方法

グループポリシーの設定変更

以下のポリシーを開きます。

ブラウザーサインインの設定

パス:ユーザーの構成¥管理テンプレート¥Microsoft Edge

①「未構成」を「有効」に変更します。

②オプションで「ブラウザーサインインを無効にする」を選択します。

グループポリシーを適用して確認

グループポリシーを適用して確認します。 確認を行うクライアントでサインアウトを一度するか、コマンドプロンプトで以下をタイプしてグループポリシーを適用してください。

Edgeを立ち上げてサインインをしようとすると「お使いのブラウザーでは、ポリシーによってサインインが無効に設定されています。」と表示されてサインインができません。

設定画面を確認するとサインボタンが無くなっています。