MS Office Excel のアドインをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法

グループポリシー(GPO)でMS Office Excel のアドインを一元管理する方法を解説します。アドインが悪さをしてExcelが不安定になったといった場合、一括で無効にすることができます。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

MS Office Excel をGPOで使えるようにする

GPO標準だとMS Office Excel がありません、以下の記事を参考にGPOでMS Office Excel が利用できるように設定してください。

Microsoft Office Excel をグループポリシー(GPO)で一元管理する方法|設定を全て公開

Excelのアドインを一元管理するGPOの設定

Excelのアドインを一元管理するには、以下2つのGPOを変更します。

<パス>

ユーザーの構成¥ポリシー¥管理テンプレート¥Microsoft Excel 2016¥その他

<ポリシー>

1.非管理対象のアドインをすべてブロックする
2.管理対象アドインの一覧

1.非管理対象のアドインをすべてブロックする

未構成を有効にしてください

2.管理対象アドインの一覧

未構成を有効にして、管理対象のアドインを指定します。全てのアドインをブロックした上で許可したいアドインを指定します。要するにアドインのホワイトリストです。

表示を選択して、アドインを登録しますがアドインのファイル名が事前に必要になるので取得方法を説明します。

Excelのオプションを開いてインストール済のアドインを選択してください。場所という項目の最後がアドインのファイル名になります。下の例では、「SOLVER.XLAM」がアドインのファイル名です。

表示するコンテンツに、許可したいアドインを入力します。値の名前に先程取得したアドインのファイル名を入れ、値には許可を示す「1」を入れます。ここで「0」を入れた場合は、許可しないを意味します。

設定の確認

さて実際にGPOを適用してアドインを確認をしてみましょう。

先ほど指定した、2つのアドインのみアクティブになっていました。成功です。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。