GPOでOutlookの「メッセージ形式」をデフォルトで「テキスト」にする方法

グループポリシー(GPO)でOutlookのメッセージ形式をテキストにする方法を解説します。Outlookのデフォルトのメッセージ形式はHTMLになっています。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

OutlookをGPOで使えるようにする

GPO標準だとOutlookがありません、以下の記事を参考にGPOで利用できるように設定してください。

Outlookをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法|設定を全て公開

手動でメッセージ形式をテキストにする場合

手動でメッセージ形式をデフォルトでテキストにする場合は、以下項目を「HTML形式」から「テキスト形式」に変更します。

Outlookのオプション>詳細設定>メッセージの作成「次の形式でメッセージを作成する」

デフォルトをテキストにするGPOの設定

デフォルトをテキストにするには、以下のGPOを変更します。

<パス>

ユーザーの構成¥ポリシー¥管理テンプレート¥Outlook2016¥Outlookのオプション¥メール形式¥インターネット形式¥メッセージ形式

<ポリシー>

メッセージ形式の設定

未構成を有効にして、電子メール メッセージに使用する形式を「テキスト形式」にします。

設定の確認

さて実際にGPOを適用してテキスト形式を確認をしてみましょう。

オプションで確認すると、「HTML形式」が「テキスト形式」になっていて変更ができないようになっています。

メッセージ作成画面では、ユーザーがHTMLへも切り替えることができます。

デフォルトはテキストなんだけど、場合によってはHTMLも使えるといった設定が一斉適用できたわけです。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。