グループポリシー(GPO)でWindowsのシャットダウン、再起動、スリープを無効にする方法

グループポリシー(GPO)でWindowsのシャットダウン、再起動、スリープを無効にする方法を解説します。シャットダウンがNGな環境であったり、リモートデスクトップ利用でシャットダウンさせると「オワタ状態」になる場合に使えるポリシーです。



グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

GPOの設定

「シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする」ポリシーを開きます。

<パス>

ユーザーの構成¥ポリシー¥管理テンプレート¥タスクバーと[スタート]メニュー¥シャットダウン、再起動、スリープ、休止コマンドを削除してアクセスできないようにする

管理テンプレートが無い場合は以下の記事を参考に追加してください。

グループポリシー(GPO)をWindows10 Feature Update(FU)に対応させる手順

「未構成」を「有効」に変更します。

シャットダウンが無効化されたかの確認

パソコンを再起動するか、コマンドで[gpupdate /force]を打ち込んでポリシーを反映させます。

左下のWindowsボタンを右クリックして、「シャットダウンまたはサインアウト」を選択します。通常ならシャットダウンが右側に出てきますが、消えています。切断はリモートデスクトップ環境なので表示されているだけです。

左下のWindowsボタンを左クリックして、電源ボタンを選択してもシャットダウンが出てきません。成功です。

 

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。