【GPO】Windows10 Creators Updateに対応した管理テンプレートをインストールする方法

本記事では、Windows10 Creators Updateに対応した管理テンプレートをインストールする方法を解説します。Windows10 Creators Updateによって新機能が追加されますが、新機能をグループポリシーで管理するには、下記の手順の作業が必要になります。

Windows10用管理テンプレートのダウンロード

Windows10 用の管理テンプレートを以下リンクのMicrosoftの公式サイトからダウンロードしてください。Version毎にダウンロード可能となっています。下記の図での最新が管理用テンプレート (.admx) (Windows 10、Version 1803 (April 2018 Update) 用)となっています。

Windows10用管理テンプレートのダウンロード公式サイト

言語選択して「ダウンロード」をクリックしてください。

Windows10用管理テンプレートの展開

ダウンロードしたファイルを右クリックして、「インストール」を選択してください。インストールといってもファイルを展開するだけなんですが、、、

「Next」ボタン

同意を選択して「Next」ボタン

「Next」ボタン

「Next」ボタン(ひつこくてすみません)

Windows10用管理テンプレートをグループポリシーへ反映させる

展開すると、(C:\Program Files (x86)\Microsoft Group Policy\)の直下にadmlファイルとadmxファイルが作成されます。これらをActive Directoryの指定のフォルダに置いてあげれば完了です。既にある場合は上書きで問題ありません。設定の詳細は下記のリンク記事をご参照ください。

管理テンプレートadmx,adml の適用方法|ローカルの場合とドメコンの場合の2パターンを解説

下記の図は、admlファイルです。ja-JP以外もありますが、必要なのはja-JP内のファイルのみです。

下記の図は、admxファイルです。

オススメの関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です