グループポリシー(GPO)でThunderbirdのアップデートを無効にする方法

本記事ではグループポリシー(GPO)を活用して、Thunderbirdのアップデート(更新)を無効にする方法を解説します。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

Thunderbirdの管理テンプレートをインストールする

標準ではActive Directory内にThunderbird用の管理テンプレートはありません。そこで管理テンプレートをダウンロードしてActive Directoryで使えるようにする必要があります。以下の記事を参考にThunderbirdをGPOで制御できるようにしてください。難しくありません。

最強メーラーThunderbirdをグループポリシー(GPO)で一元管理する方法

Thunderbirdの更新を無効にする方法

ポリシー設定

以下のポリシーを開いてください。

ポリシー:Disable Update
パス:ユーザーの構成¥ポリシー¥管理用テンプレート¥Thunderbird

「未構成」を「有効」にします。

動作確認

設定が正常に適用されているか確認してみましょう。

<GPOの適用前>

Thunderbirdでアップデートを管理しているメニューは、オプション<詳細<更新タブ にあります。

GPO適用前は、デフォルトで「更新を自動的にインストールする」が選択されています。また、アップデートを無効にするといった選択枠がないのが驚いたところです。ということはGPOでしか制御できないわけですね。

<GPOの適用後>

適用後は、「システム管理者により、更新が無効化されています」と表示されました。成功です。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。