【GPO】Windowsの設定を必要最低限の表示して、ユーザーに悪さをさせない

Windows10のWindowsの設定をユーザーに弄られると厄介ですよね。私は、Windowsの設定項目のシステム以外を非表示にして牽制しています。グループポリシーを利用すると簡単なのでトライしてみてください。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

ポリシーの設定

グループポリシーの設定をしていきます。

以下のポリシーを開いてください。

ポリシー:設定ページの表示

パス:コンピュータ or ユーザーの構成¥ポリシー¥管理用テンプレート¥コントロールパネル

未構成を有効にします。

設定ページの表示に以下を入力します。

showonly:about

動作確認

さてGPOを適用して動作確認をしましょう。

<GPO適用前>

GPO適用前は、Windowsの設定で様々な変更ができてしまいます。

<GPO適用後>

GPO適用後は、見てください。システム以外が表示されていません。システム管理者としては安心です。

その他の項目についても設定する場合

今回紹介した以外の設定変更も可能です。より深く理解して他の項目も制御したい方は以下の記事をご参照ください。

グループポリシー(GPO)で『Windowsの設定』を制御する具体的な方法

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。