グループポリシー(GPO)で『Windowsの設定』を制御する具体的な方法

Windows10の『Windowsの設定』の項目を表示したり非表示にしたりグループポリシーで制御する具体的な方法を解説します。ユーザーにとって必要な項目に絞るとユーザーからの問い合わせが減るのでおススメです。

グループポリシー(GPO)の作成と適用手順

「グループポリシーて何?」という方は「グループポリシーの作成と適用手順」Active Directoryをフル活用して端末を完全制御しちゃおう!!で細かい説明をしていますのでご参照ください。実例を用いて説明をしていますので、全くの初心者でもグルーポプリシーが自由に扱えるようになります。

ポリシーの設定

Windowsの設定を制御するポリシーは以下です。

ポリシー:設定ページの表示

パス:コンピュータ or ユーザーの構成¥ポリシー¥管理用テンプレート¥コントロールパネル

ms-settings: URI スキーム

Windowsの設定は、URIというスキームで起動するようになっています。ポリシーでWindowsの設定する時に利用するので事前に確認をしておきましょう。

例えば、アプリと機能を開きたい場合は、

Windowsキー + R

で「ファイル名を指定する」を開き以下のURIを入力すると「アプリと機能」が立ち上がります。

ms-settings:appsfeatures

このURIを利用して、Windowsの設定を制御していきます。

URIについては以下のマイクロソフト公式ホームページをご確認ください。

Windows10 URI一覧

Windowsの設定の不要な項目を非表示にする方法

Windowsの設定の中で不要な項目を非表示にする方法を解説します。

「設定ページの表示」ポリシーを有効にして、設定ページの表示フォームに以下のように入力します。

例:「オーディオと音声認識」を非表示にしたい場合

hide:holographic-audio

例(複数):「オーディオと音声認識」と「環境」を非表示にしたい場合

hide:holographic-audio;privacy-holographic-environment

具体例については、以下の記事を参考にしてください。

GPOでWindows10『モバイル ホットスポット』を無効にする方法

GPOでWindows10の『スマホ同期:電話』を無効にする方法

GPOでWindowsの設定から『メールとアカウント』を削除する方法

GPOでWindowsの設定から『ゲーム』を削除する方法

Windowsの設定の必要な項目のみを表示する場合

続いては、Windowsの設定で必要な項目のみを表示する場合です。半分以上を非表示にする場合は、この方法の方がベターですね。

「設定ページの表示」ポリシーを有効にして、設定ページの表示フォームに以下のように入力します。

例:「オーディオと音声認識」のみを表示したい場合

showonly :holographic-audio

例(複数):「オーディオと音声認識」と「環境」のみを表示したい場合

showonly :holographic-audio;privacy-holographic-environment

具体例については、以下の記事を参考にしてください。

【GPO】Windowsの設定項目を必要最低限の表示にさせて悪さをさせない

あなたにオススメの関連記事

5件のフィードバック

  1. 2020年2月27日

    […] […]

  2. 2020年2月27日

    […] 次の記事 グループポリシー(GPO)で『Windowsの設定』を制御する具体的な方法 […]

  3. 2020年2月27日

    […] […]

  4. 2020年2月27日

    […] […]

  5. 2020年2月27日

    […] グループポリシー(GPO)で『Windowsの設定』を制御する具体的な方法 | IT trip2020年2月27日 […]

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。