ネットワーク分離におけるFileZenの利用はダメって!?

強靭化の話となりますが、総務省が各県にヒアリングを行っているとの情報が入りました。

その中で、インターネットとLGWANのファイル受け渡しに、 FileZen等の中間サーバ的なものを設置して行う事について「ダメだ」と言っているようです。

しかもFileZen名指しです。

ポイントは一つです。

無視してFileZenによる構築を強行した場合でも、補助金が貰えるかってことです。(FileZenの分はもちろん諦める)

どうも、総務省が指示している方法としては

メールでもファイルでもインターネット側で得たデータを無害化し、(ここでの無害化とは、ファイルを画像やPDFにしたりマクロの除去をしたりとオリジナルデータに加工をする事)USBメモリを利用して人力でLGWAN接続系へデータを移動させる方法となっています。

さすがに業務が回らないぜ総務省!!

「無視して業務影響を最小限にする」 OR 「強靭化を優先して業務を変える」

の2択を各自治体は迫られる事になります。

それにしても、検討事項が多すぎる、ただでさえ自治体っていうのは柔軟に動けない組織なのに。

 

オススメの関連記事

2件のフィードバック

  1. 2016年8月7日

    […] ネットワーク分離におけるFileZenの利用はダメって!? […]

  2. 2016年9月2日

    […] たがかかったというのが大まかな流れです。詳しくは以前の記事をご覧ください […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です