【スタンドアロン編】Chrome リモート デスクトップを禁止にする方法

Chrome リモート デスクトップは便利なんですが、セキュリティー上禁止にしたいという方も多いかと思います。本記事では、スタンドアロン環境(Active Directoryを使わない)にてChrome リモート デスクトップを禁止にする方法を解説します。Active Directoryを利用して一括で禁止にする方法は以下の記事をご参照ください。

【AD編】全てのPCでChrome リモート デスクトップを一括で禁止にする方法

Chrome リモートデスクトップを禁止にする方法

Chrome リモートデスクトップを禁止にする方法を整理しておきましょう。下図をご覧ください、ホストPCのChromeグループポリシーに設定をすることで全てのクライアントPCからの接続を禁止にします。ポイントとしては、リモートデスクトップされる側のPCの設定変更をする点です。

Chrome リモートデスクトップ禁止前の状態

Chrome リモートデスクトップを禁止にする前の状態を確認します。

リモートデスクトップ元PC「PC010」からリモートデスクトップ先PC「PC060」へリモート接続をします。「PC010」でChrome Remote Desktopを立ち上げて「PC060」をクリックするとリモートデスクトップが開始されます。

「PC010」・・・クライアントPC
「PC060」・・・ホストPC

「接続しています。」と表示されます。

事前に設定しているPINコードを入力します。

リモートデスクトップ先PC「PC060」のサインイン画面が表示されました。この流れが通常のChrome リモートデスクトップです。

Chromeのローカルグループポリシーを使えるようにする

Chromeのローカルグループポリシーはデフォルトでは利用できません。GoogleのサイトからChromeポリシーをダウンロードをして、Windows PCに適用する必要があります。5分程でできますので、以下の記事の通りにご対応ください。また、今回紹介しているChrome リモートデスクトップの禁止設定以外の設定も可能となるので色々と応用が効きます。

【超簡単】Chromeポリシーテンプレートのインストール手順(ローカルグループポリシーの場合)

Chrome リモートデスクトップを禁止ポリシー

ホストPC(リモートデスクトップ接続される側のPC)でローカルグループポリシーエディターを開いてください。

以下のパスへ移動します。

① コンピューターの構成¥管理テンプレート¥Google¥Google Chrome¥リモートデスクトップ

以下のポリシーを開きます。

②「このパソコンのリモートアクセス接続を許可する」

「このパソコンのリモートアクセス接続を許可する」ポリシーを「未構成」から「無効」に変更します。

このポリシーを無効に設定した場合、リモート アクセス ホストサービスを開始したり、受信方向の接続を許可するよう設定したりできなくなります。このポリシーは、リモート サポートのシナリオには影響しません。

このポリシーを有効に設定するか、空白または未設定のままにした場合、ポリシーは無視されます。

引用:Chrome グループポリシー

ホストPCを再起動します。

Chrome リモートデスクトップが禁止になったのか確認

設定ができたら、禁止になっていることを確認してみましょう。

クライアントPCからホストPCにリモートデスクトップ接続を試みると「このデバイスへのリモート接続は、ネットワーク管理者によって無効にされています。」と表示されグレーアウトされていて接続を開始することができません。

成功です。これで如何なるPCからも今回設定したホストPCへのChrome リモートデスクトップができないように制御できました。

 

30分で8,000円分のAmazonギフト券を確実にゲットする方法


現在、ITトレンドで普段お使いの業務システムのレビューをするだけで1,000円分のAmazonギフト券が必ず貰えるキャンペーンをやっています。

筆者もレビューを書き30分程度で8,000円分のAmazonギフト券をゲットしました。

5つのレビューを書くと通常の5,000円分のAmazonギフト券に加えて、3,000円分のAmazonギフト券が加算されて8,000円分のAmazonギフト券が貰えます。(1回目のレビュー後に受け取るメールのリンクから2回目以降のレビューを書く必要があります。)

予算が無くなり次第終了となると思われるので早めにITトレンドレビュー投稿フォームにレビューを書いてAmazonギフト券8,000円分をゲットしましょう。詳細は以下のリンクよりご確認ください。

ITトレンド公式サイト Amazonギフト券プレゼントキャンペーンの説明へ