Filmoraを使って安全に動画ファイルの形式変換や容量を圧縮する方法

動画ファイルの形式変換や容量を圧縮する無料のサービスやフリーウェアは数多く世の中に出回っています。ただ、安全性や安定性に難があります。本記事では、安全性や安定性の優れたFilmoraを使って動画ファイル形式を変換する方法と容量を圧縮する方法を解説します。

無料のファイル変換サービスが危険な理由

ファイル変換サービスや動画圧縮サービスが危険な理由を解説します。下図はmp4ファイルをgifファイルへ変換するWebサービス用いた構成図です。

危険な理由の1点目は、動画をWebサービスへアップロードするのでアップロードした動画が外部流出する可能性があります。2点目は、動画変換サービスで変換された動画をダウンロードするときにスパムに感染する可能性があります。

ローカルでの変換が安全

安全に動画ファイルを変換するにはローカル環境で変換を行うのが理想的です。そこで筆者はFilmoraというローカルで動作するソフトウェアを利用しています。Filmoraのホームページ

Wondershare では「UniConverter」という変換に特化した製品もありますが、変換だけではなく動画の編集もしたいのでFilmoraを購入しました。変換だけであれば良いという方やプロ並みの変化処理を必要としてい方はUniConverterでも良いかもしれません。変換性能的には、UniConverterの方が上のようです。

動画ファイルの形式の変換手順

それでは、Filmoraを使って動画ファイルの形式を変換する手順を説明します。MP4形式のファイルをWMV形式に変換してみたいと思います。Filmoraのダウンロードページ

Filmoraの画面の下側が編集用領域となっています。ここに変換前のMP4形式ファイルをドラッグ&ドロップしてください。

すると編集領域に動画がアップロードされます。次にエクスポートボタンを押下します。

左側メニューに動画の形式が表示されています。ここで変換したいWMVを選択して「出力」ボタンを押下します。

動画の変換処理が開始されます。下図のように進捗状況が%で表示されます。

変換されたWMVファイルが指定したパスに作成されます。とても簡単で分かり易い!!

今回検証したのはMP4形式からWMV形式への変換です。WMV形式からMP4形式への変換や、その他の形式への変換も可能です。また、Filmoraは、WMV、MP4、AVI、MOV、F4V、MKV、TS、3GP、MPEG-2、WEBM、GIF、MP3 と数多くの動画形式に対応しているので困ることはありません。

動画ファイル容量の圧縮方法

さて続いて容量の圧縮方法を説明します。ファイル形式変換と同様に容量を圧縮したいファイルをアップロードして「エクスポート」を押下します。

設定を押下します。

設定では、動画の品質を下げることができます。下記の例では、フレームレートとビットレートを下げています。

設定完了後に動画ファイルを確認すると。5.4MBだった元ファイルが1.4MBと容量が小さくなりました。品質を確認しながら設定を変更していくと良いと思います。

Filmoraの動画編集性能は?

変換や圧縮について解説してきましたが、Filmoraの動画編集のレベルも高いです。以下の別記事でレビューをしていますので興味があればご覧ください。

動画編集の初心者がワンダーシェアのFilmoraをレビューしてみた

まとめ

今回使った動画編集ソフトのFilmoraは永続ライセンスが8,980円と動画編集ソフトの中では格安の値段です。安かろう悪かろうではなく、安定していて機能も豊富なのでこのYoutube時代には1ライセンス持っていた方が何かと便利かと思います。無料で試せるので試してみてはいかがでしょうか。

Filmoraのダウンロードページ