Webサービスを利用しないでPDFを無料でWordやExcelに変換する方法

本記事では、無料でPDFファイルをWordやExcelに変換する方法を解説します。それも最近流行りのWebサービスを利用せずに無料のソフトウェアを利用する方法です。Webサービスの利用は情報漏洩リスクがあるので避けるべきと考えています。

WebサービスによるPDF編集は何故リスキーなのか

Small PDFやI Love PDF等のPDF編集Webサービスが増えてきています。ソフトをインストールせずに高機能なPDF編集が可能なので大変便利です。ただ、Webサービスを利用すると必ずWebサービスを提供しているサーバーにPDFをアップロードする必要があり、情報漏洩のリスクがあると考えています。IT TripではローカルでのPDF編集を推奨しています。詳しくは以下の記事をご参照ください。

Smallpdfは安全なのか!?危険性(リスク)と回避方法

EaseUS PDF Editorを使う理由

さて、無料のPDF編集ソフトとしてEaseUS PDF Editorを選定しました。以下理由です。

信頼性がある

EaseUSの製品は以前から利用しています。特にEaseUS Partition Masterというパーティション管理ソフトは完成度が高く業界の中では一定の評価があります。そんな会社が出す製品であれば高品質であると考えてEaseUS PDF Editorを選定しました。

安定している

使ってみて流石だなと思いましたが安定しています。謎のクラッシュ等があるのかなと思っていたんですが、全く無くAdobe Acrobatと遜色のないレベルです。(ちょっと言いすぎかな)

何れにしてもソフトウェアは安定していないと自分は絶対使いたくないです。

EaseUS PDF Editor 無料版のインストール方法

以下リンクに遷移して画面上の「無料ダウウンロード」ボタンをクリックして、EaseUS PDF Editorの無料版のインストーラーをダウンロードしてください

EaseUS PDF Editor

インストーラーを起動して言語を選択します。日本語がありますね。

次へ

同意するにチェックを入れて次へ

インストール先を選択して「次へ」

必要なアイコンにチェックを入れて「次へ」

「インストール」ボタンをクリック

10秒以下でインストールが終わります。

「完了」ボタンをクリック

無料版なので以下のポップアップが毎回出てきます。無料で利用するので我慢ですね。

これでEaseUS PDF Editorが利用できるようになります。

EaseUS PDF Editor 無料版でWordやExcelに変換

では実際にPDFをWordやExcelに変換してみます。

「PDFを編集」をクリックして変換したいPDFファイルを選択します。

PDFファイルが読み込まれます。タブでの表示になりますので、複数のPDFを読み込んでも作業ができるようになっています。

「変換」から変換したいフィアル形式を選択します。試しにWordを選択します。

10秒程度で変換が終了します。(PCのスペック次第だと思われます。)

見事Wordに変換ができました。

PDFの質に依存すると思われますが、検証のPDFでは文字データとして読み込めています。

同様にExcel変換も可能でした。表がセルで表示されています。

PowerPoint 変換も正常に可能でした。

EaseUS PDF Editor 無料版だと5ページまで

無料版の場合は5ページまでにしか変換に対応していません

ただしご安心ください、長いPDFでも5ページ以下になるように分割して変換すれば対応できます。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。