Smallpdfは安全なのか!?危険性(リスク)と回避方法

PDFの圧縮や変換等をWeb上で利用可能な、Smallpdfというサービスがあります。大変便利ですが、データをインターネット上へアップロードする事に抵抗があるといった話を良く聞きます。本記事では、Smallpdfの危険性を分析してみました。

そもそもSmallpdfって何?

Smallpdf のサービス内容は、オンライン上のSmallpdf のWEBサイト上にPDFファイルをアップロードし、Smallpdf のサイト上で、圧縮や結合等のPDFファイルの編集をしてダウンロードをするサービスです。

パソコンにPDF編集ソフトをインストールせず、高機能の編集処理ができてしまう点が最大のメリットです。

危険性の整理

Smallpdfの危険性を下の図で説明します。パソコンからインターネットの先にあるSmallpdfが管理しているサーバーにPDFをアップロードし、Smallpdfのサーバーで圧縮や変換等をして元のパソコンでダウンロードをするといった仕組みになっています。

ローカルのパソコンから一旦インターネット上にPDFが出るので、Smallpdfのサーバー上からデータが流出する危険性があるわけです。

実際の流出事故があるのか

では、実際に流出事故があるか海外のサイトも含めて調べてみました。

結果、現状では0件です。相当なセキュリティ対策がなされている事がうかがえます。

また、「Smallpdfは1時間でデータを削除してバックアップを取らない」といったポリシーで運営しており、安全性を前面に押し出しています。

ただ、流出の可能性としてはやはりあるわけです。

安全性を考慮する場合は、ローカルでPDFファイルを編集しよう

安全性を考えると、JUST PDF等のソフトを使ってローカル環境でPDFファイルの編集をすることをお勧めします。この方法なら、インターネット上にPDFを投げないので流出の可能性はほぼゼロです。

現時点では流出したといったソースは出てきませんでしたが、今後流出が発生する可能性は確実にありますので、機密情報はSmallpdfで利用しないことをお勧めします。(Smallpdfのローカル編集ソフトもありますが、高すぎて話になりません)

まとめ

重要でないPDFならガンガンSmallpdfを使ってもOKかと思いますが、個人情報や機密情報は、JUST SYSTEM の JUST PDF 等の安くてイケてるアプリを利用しましょう。

あなたにオススメの関連記事

4件のフィードバック

  1. 水戸校門 より:

    誤:さて、危険性の回避方法ですが、いちようあります。
    正:さて、危険性の回避方法ですが、一応あります。

  2. 志賀 聡 より:

    smallPDFのスブスクリプションの費用請求が来ました。無料だと聞いていましたが誤って何か契約をしてしまったのでしょうか?キャンセルするにはどうすればいいでしょうか?

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。