Linuxでファイルシステムの使用率を確認する方法と応用例

この記事では、Linux環境でファイルシステムの使用率を確認する方法について詳しく解説します。具体的なコード例とその解説、さらには応用例まで含めてご紹介します。

目次

はじめに

ファイルシステムの使用率を確認することは、サーバーの管理やアプリケーションの運用において重要な作業の一つです。磁気ディスクがいっぱいになるとシステムが不安定になる場合があるため、定期的なチェックが必要です。

基本的な確認方法

Linuxで最も一般的に使用されるコマンドは`df`です。

`df`コマンドの基本的な使用法

以下は`df`コマンドの基本的な使用法です。

df -h  # ファイルシステムの使用状況を人間に読みやすい形式で表示

このコマンドは、全てのマウントされているファイルシステムの使用率を表示します。

`df`コマンドのオプション

`df`コマンドには多くのオプションがあります。よく使用されるオプションをいくつか紹介します。

df -a  # すべてのファイルシステムを表示
df -T  # ファイルシステムの種類も表示

応用例

`df`コマンドは多機能なため、さまざまなシチュエーションで活用できます。以下はその応用例です。

特定のディレクトリの使用率を確認

df /path/to/directory  # 特定のディレクトリの使用率を確認

特定のファイルシステムだけを表示

df -t ext4  # ext4形式のファイルシステムだけを表示

特定のファイルシステムを除外して表示

df -x tmpfs  # tmpfs形式のファイルシステムを除外して表示

総使用量と空き容量だけを表示

df --output=used,avail  # 総使用量と空き容量だけを表示

ファイルシステムの使用率をソートして表示

df -h | sort -rnk 5  # 使用率でソートして表示

まとめ

Linuxでのファイルシステム使用率の確認は、基本的な`df`コマンドから多様なオプション、さらには高度な応用例まで幅広く活用できます。この知識を活かして、より効率的なシステム運用を行ってください。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/16 02:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次