LinuxでWake-on-LANを送信・設定する完全ガイド

この記事では、Linux環境でのWake-on-LAN(以下WOL)の送信と設定方法について詳しく解説します。WOLは、遠隔地から特定のデバイスを起動するためのテクノロジーです。具体的なコード例とその解説、応用例を含めています。

目次

Wake-on-LANとは

Wake-on-LAN(WOL)は、ネットワーク経由でコンピュータを遠隔起動するテクノロジーの一つです。この機能を用いることで、遠くにあるマシンを特定の信号(マジックパケット)を送ることで起動させることが可能です。

WOLのメリット

– 省エネルギー: 不使用時にマシンをスリープ状態にして、必要なときだけ起動できる。
– リモートアクセス: オフィス外からでもマシンを操作できる。

必要な条件

WOLを使用するには以下の条件が必要です。
1. BIOSまたはUEFIでWOLがサポートされていること。
2. ネットワークカードがWOLに対応していること。
3. WOLを受け取る側のマシンが、適切に設定されていること。

LinuxでのWOL設定手順

BIOSまたはUEFI設定

1. コンピュータを再起動し、BIOSまたはUEFIの設定画面に入ります。
2. 「Power Management」や「Advanced」タブに進み、WOLを「Enabled」に設定します。

Linux側での設定

以下のコマンドで、ネットワークインターフェースがWOLをサポートしているか確認できます。

ethtool [インターフェース名] | grep "Wake-on"  # インターフェースのWOL設定を確認

これで`Wake-on: d`または`Wake-on: g`が表示されれば、WOLが有効です。

WOLを有効にするコマンド

sudo ethtool -s [インターフェース名] wol g  # WOLを有効にする

WOLの送信方法

LinuxマシンからWOLの信号を送るためには、`wakeonlan`パッケージが便利です。以下のようにインストールします。

sudo apt install wakeonlan  # Ubuntu/Debianでのインストール例

WOL送信コマンド

wakeonlan [MACアドレス]  # WOLを送信

応用例

1. cronを使って定期的にWOL送信

0 9 * * 1-5 wakeonlan [MACアドレス]  # 平日の9:00にWOL送信

2. SSHでリモートからWOL送信

ssh [リモートホスト] 'wakeonlan [MACアドレス]'  # SSHでリモートからWOL送信

3. スクリプトで複数マシンにWOL送信

#!/bin/bash
for mac in $(cat mac_list.txt); do
  wakeonlan $mac
done  # mac_list.txtに記載された全てのMACアドレスにWOLを送信

4. WOL送信後に自動でSSH接続

wakeonlan [MACアドレス] && sleep 60 && ssh [リモートホスト]  # WOL送信後に1分待ってからSSH接続

5. サーバの稼働時間を制限

0 9 * * 1-5 wakeonlan [MACアドレス]  # 平日の9:00に起動
0 18 * * 1-5 ssh [リモートホスト] 'shutdown now'  # 平日の18:00にシャットダウン

まとめ

この記事では、LinuxでのWake-on-LANの基本的な設定と応用例について詳しく解説しました。適切な設定と利用で、遠隔地からでも効率よくシステムを管理することができます。

コメント

コメントする

目次