Linuxで特定のパーミッションでディレクトリを新規作成する方法

この記事では、Linux環境で特定のパーミッションでディレクトリを新規作成する方法について詳しく説明します。具体的なコード例とその解説、さらには応用例まで網羅しています。この記事を読めば、Linuxでのディレクトリ操作がよりスムーズになるでしょう。

目次

基本的なディレクトリ作成

Linuxでディレクトリを作成する最も一般的な方法は`mkdir`コマンドを使用することです。

mkdir new_directory  # new_directoryという名前のディレクトリを作成

このコマンドを実行すると、カレントディレクトリに`new_directory`という名前の新しいディレクトリが作成されます。

パーミッションの基礎

Linuxでは、ファイルやディレクトリには「パーミッション(権限)」が設定されています。これは`ls -l`コマンドで確認できます。

ls -l  # ディレクトリとファイルのパーミッションを表示

特定のパーミッションでディレクトリを作成する

`mkdir`コマンドに`-m`オプションを付けると、作成するディレクトリのパーミッションを指定できます。

mkdir -m 755 new_directory_with_permission  # 755のパーミッションでnew_directory_with_permissionというディレクトリを作成

この例では、`755`というパーミッションで`new_directory_with_permission`というディレクトリが作成されます。

パーミッションの解釈

ここで`755`という数字は何を意味するのでしょうか。これは以下のように解釈されます。
– 7(所有者): 読み取り、書き込み、実行
– 5(グループ): 読み取り、実行
– 5(その他): 読み取り、実行

応用例

ここでは、特定のパーミッションでディレクトリを新規作成する方法についての応用例をいくつかご紹介します。

応用例1: 複数のディレクトリを一度に作成

mkdir -m 755 dir1 dir2 dir3  # dir1, dir2, dir3を一度に755のパーミッションで作成

応用例2: 階層を持つディレクトリの作成

mkdir -m 755 -p parent/child/grandchild  # 階層を持つディレクトリを755のパーミッションで作成

応用例3: コマンドチェインでのパーミッション変更

mkdir new_dir && chmod 700 new_dir  # new_dirを作成後、パーミッションを700に変更

応用例4: テンプレートからパーミッションをコピー

mkdir --mode=$(stat -c "%a" template_dir) new_dir_from_template  # template_dirのパーミッションをコピーしてnew_dir_from_templateを作成

まとめ

Linuxで特定のパーミッションでディレクトリを新規作成する方法は多々あります。基本的な`mkdir`コマンドから、さまざまな応用例まで解説しました。これらの知識を活用して、Linuxでのディレクトリ操作をより効率的に行いましょう。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/06/19 01:10:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次