Linuxでディレクトリを安全に削除する方法と応用例

Linuxを利用する際、ディレクトリの操作は基本的なタスクの一つです。この記事では、Linuxでディレクトリを削除する方法と、その詳細、さらにその応用例について解説します。

目次

Linuxでのディレクトリの削除基本コマンド

rm -r ディレクトリ名  # ディレクトリとその中のファイルを再帰的に削除

このコマンドは、指定したディレクトリとその中の全てのファイル・サブディレクトリを削除します。

コマンドの詳細解説

`rm`は「remove」の略で、ファイルやディレクトリを削除するためのコマンドです。`-r`オプションは「recursive」の略で、指定したディレクトリとその中の全てのファイル・サブディレクトリを再帰的に削除するためのオプションです。

応用例

1. 確認プロンプトを表示して削除

rm -ri ディレクトリ名  # 削除前に確認プロンプトを表示

このコマンドは、削除する前にユーザーに確認を求めるプロンプトを表示します。誤ってディレクトリを削除するリスクを軽減するために役立ちます。

2. ディレクトリ内の全てのファイルのみを削除

rm ディレクトリ名/*  # ディレクトリ内の全てのファイルのみを削除

このコマンドは、指定したディレクトリ内の全てのファイルのみを削除し、サブディレクトリは残します。

3. 特定の拡張子のファイルのみを削除

rm ディレクトリ名/*.txt  # .txt拡張子のファイルのみを削除

このコマンドは、指定したディレクトリ内の`.txt`拡張子のファイルのみを削除します。

4. 特定のパターンに一致するディレクトリを一括で削除

rm -r ディレクトリ名/pattern*  # patternで始まるディレクトリを一括で削除

このコマンドは、指定したディレクトリ内の`pattern`で始まるディレクトリを一括で削除します。

まとめ

Linuxのディレクトリ操作は基本的なスキルの一つですが、間違った操作をすると大切なデータを失うリスクがあります。コマンドを実行する前に、常に正確なパスやオプションを指定しているか確認し、必要に応じて確認プロンプトを利用するなどの対策を取ることが重要です。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/05/27 22:36:11時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次