LinuxでSSHのルートログインを禁止する方法と応用例

この記事では、LinuxにおいてSSHでのルートログインを禁止する方法について詳しく解説します。セキュリティ向上のための具体的な手順、コード例、その詳細な解説、および多角的な応用例を提供します。

目次

SSHでのルートログインとは

SSH(Secure Shell)でのルートログインとは、ネットワーク経由でLinuxサーバーにルート(最高権限を持つユーザー)としてログインすることです。この機能が有効になっていると、不正アクセス者による攻撃が成功した場合、システムに甚大な被害が出る可能性があります。

SSHでのルートログインを禁止する理由

ルートログインを禁止する主な理由はセキュリティ向上です。ルート権限を持つユーザーが外部から直接ログインできると、悪意のある第三者がシステムに侵入しやすくなります。そのため、一般ユーザーでログインした後、必要に応じて権限昇格する方式が推奨されています。

SSHの設定ファイルを編集する

ルートログインを禁止するためには、SSHの設定ファイルを編集する必要があります。

設定ファイルを開く

まず、SSHの設定ファイル`sshd_config`を開きます。以下のコマンドを使用してください。

sudo nano /etc/ssh/sshd_config  # SSHの設定ファイルを開く

設定を変更する

設定ファイル内で`PermitRootLogin`という行を探し、その値を`no`に変更します。

PermitRootLogin no  # ルートログインを禁止

SSHサービスを再起動する

設定を適用するためにSSHサービスを再起動します。

sudo systemctl restart sshd  # SSHサービスを再起動

応用例

ここでは、SSHでのルートログインの禁止以外にも、セキュリティを向上させるための応用例を5つ紹介します。

1. パスワード認証の禁止

PasswordAuthentication no  # パスワード認証を禁止

2. 使用ポートの変更

Port 2222  # SSHのポートを2222に変更

3. 接続許可ユーザーの制限

AllowUsers username  # usernameのみSSH接続許可

4. 接続拒否アドレスの設定

DenyUsers 192.168.1.*  # 192.168.1.*からの接続を拒否

5. 2要素認証の導入

AuthenticationMethods publickey,keyboard-interactive  # 2要素認証を導入

まとめ

SSHでのルートログインを禁止する手法とその重要性、応用例について詳しく解説しました。これらの設定を適切に行うことで、Linuxサーバーのセキュリティを大きく向上させることができます。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/16 02:56:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次