LinuxでiSCSIターゲットを切断する方法と応用例

この記事では、Linux環境においてiSCSIターゲットを切断する方法について詳細に解説します。具体的なコード例とその解説、さらには応用例も含めて紹介します。iSCSIターゲットの切断は、ストレージ管理において非常に重要なステップです。

目次

iSCSIとは?

iSCSI(Internet Small Computer System Interface)は、IPネットワーク上でSCSIプロトコルを使用してデータ転送を行うストレージネットワーキングの標準です。

iSCSIターゲットの切断の基本

is logout コマンドの使用

Linuxで最も一般的なiSCSIターゲットの切断方法は、`iscsiadm`ユーティリティの`–logout`オプションを使用する方法です。

iscsiadm -m node -T [ターゲット名] -p [IPアドレス]:[ポート] --logout  # iSCSIターゲットを切断

このコマンドで、指定されたiSCSIターゲットとのセッションが切断されます。

応用例

1. 複数のiSCSIターゲットを一括で切断

iscsiadm -m node --logoutall=all  # 全てのiSCSIターゲットを切断

このコマンドは全てのiSCSIターゲットとのセッションを切断します。

2. 特定の状態のiSCSIターゲットだけを切断

iscsiadm -m session -u  # アクティブなセッションのみを切断

このコマンドで、アクティブなiSCSIターゲットのセッションのみが切断されます。

3. 自動スクリプトによる定期切断

#!/bin/bash
iscsiadm -m node -T [ターゲット名] -p [IPアドレス]:[ポート] --logout

このスクリプトをcronジョブに登録することで、定期的にiSCSIターゲットを切断することが可能です。

4. 切断前にデータの同期を行う

sync
iscsiadm -m node -T [ターゲット名] -p [IPアドレス]:[ポート] --logout

`sync`コマンドを使用して、ファイルシステムのキャッシュをクリアした後でiSCSIターゲットを切断します。

5. iSCSIターゲット切断後に通知を送る

iscsiadm -m node -T [ターゲット名] -p [IPアドレス]:[ポート] --logout
echo "iSCSIターゲット切断完了" | mail -s "iSCSI切断通知" admin@example.com

切断が完了したら、指定したメールアドレスに通知が送られます。

まとめ

iSCSIターゲットの切断は、いくつかの方法と応用例が存在します。これを機に、Linux環境でのiSCSIターゲットの適切な管理に役立ててください。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/19 02:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次