Linuxで現在の日の進行度をパーセントで表示する方法

この記事では、Linux環境で「現在の日の進行度をパーセントで表示する」方法を詳しく解説します。具体的なコード例とその詳細な解説、さらには応用例も4つ以上を紹介しています。

目次

なぜ日の進行度を知る必要があるのか

日の進行度を知ることで、時間管理が容易になります。特にリモートワークやフレックスタイム制度を採用している場合、自分自身で時間を有効に使うスキルが求められます。日の進行度をパーセント表示で一目でわかるようにすることで、その日の目標に対してどれだけ達成できているのかを明確にする手助けとなります。

基本的なコードの概要

# 現在の日の進行度をパーセントで表示
current_time=$(date +%s)
midnight=$(date -d "today 00:00:00" +%s)
end_of_day=$(date -d "tomorrow 00:00:00" +%s)

day_duration=$((end_of_day - midnight))
elapsed_time=$((current_time - midnight))

day_progress=$(( (elapsed_time * 100) / day_duration ))
echo "Day progress: $day_progress%"

コードの解説

– `date +%s`: 現在のUnix時間(エポック秒)を取得します。
– `date -d “today 00:00:00” +%s`: 今日の00:00:00のUnix時間を取得します。
– `date -d “tomorrow 00:00:00” +%s`: 明日の00:00:00のUnix時間を取得します。

以上のUnix時間を用いて、日の進行度を計算しています。

応用例

応用例1: 時間帯によってアクションを変える

if [ $day_progress -lt 50 ]; then
  echo "まだ1日の半分です。頑張りましょう!"
else
  echo "もう1日の半分が過ぎました。振り返りの時間です。"
fi

応用例2: crontabで定期的に日の進行度を通知

`crontab -e`で以下のように設定します。

* * * * * /path/to/day_progress.sh | mail -s "Day Progress" your@email.com

応用例3: 経過時間に応じてデスクトップの壁紙を変更

if [ $day_progress -lt 30 ]; then
  gsettings set org.gnome.desktop.background picture-uri 'file:///path/to/morning.jpg'
elif [ $day_progress -lt 70 ]; then
  gsettings set org.gnome.desktop.background picture-uri 'file:///path/to/afternoon.jpg'
else
  gsettings set org.gnome.desktop.background picture-uri 'file:///path/to/evening.jpg'
fi

応用例4: 日の進行度に応じたToDoリストの自動生成

if [ $day_progress -lt 25 ]; then
  cp ~/todolist_morning.txt ~/todolist_now.txt
elif [ $day_progress -lt 50 ]; then
  cp ~/todolist_afternoon.txt ~/todolist_now.txt
else
  cp ~/todolist_evening.txt ~/todolist_now.txt
fi

まとめ

Linuxで現在の日の進行度をパーセント表示する方法について解説しました。このような情報は、時間管理や日々の計画に役立てることができます。また、応用例をいくつか紹介しましたが、これはあくまで一例です。日の進行度を取得するコードは非常にシンプルなので、自分自身の用途に合わせてカスタマイズ可能です。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/07/19 02:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次