優待や割引でお得に法人向けサービスを発注するなら ➡SBIバリュープレイス

Linuxでプロセスの一覧表示を効率的に行う方法

Linuxのプロセス管理はシステムの健全性やパフォーマンスを維持するために不可欠です。特に、プロセスの一覧表示は、何が実行されているのかを素早く把握するための基本的なスキルです。この記事では、`ps`、`top`、および`htop`といったコマンドを用いて、プロセスの一覧表示をいかに効率的に行うかについて解説します。

目次

基本的なプロセスの一覧表示方法

Linuxでプロセスの一覧を表示する最も基本的な方法は`ps`コマンドです。

ps  # ベーシックなプロセス一覧表示

このコマンドは短縮された情報しか提供しませんが、クイックスキャンには便利です。

`ps`コマンドのオプション

`ps`コマンドには多くのオプションが存在します。

ps aux  # 全てのプロセスについて詳細な情報を表示

リアルタイムでプロセスを監視する方法

`top`コマンドを使用すると、リアルタイムでプロセスの一覧表示ができます。

top  # リアルタイムでプロセスを監視

`top`コマンドの応用

`top`コマンドにもいくつかのオプションとキー操作があります。例えば、プロセスをCPU使用率でソートする場合、`P`キーを押します。

視覚的なプロセス監視方法

`htop`コマンドは`top`コマンドの進化版とも言えます。インターフェースが視覚的で操作も簡単です。

htop  # 視覚的にプロセスを監視

応用例

特定のユーザーのプロセスのみを表示

ps -u username  # usernameのプロセスのみを表示

特定のプロセスを名前で検索

pgrep -a chrome  # chromeに関連するプロセスを検索

プロセスを木構造で表示

pstree  # プロセスを木構造で表示

プロセスの優先度を変更

nice -n 10 command  # commandプロセスの優先度を10に設定

実行中のプロセスを一時停止

kill -STOP [PID]  # PIDのプロセスを一時停止

まとめ

Linuxのプロセス管理は多様な状況に対応するために多くのコマンドとオプションを提供しています。基本から応用までしっかりと理解し、効率的なシステム管理を行いましょう。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/02/27 22:05:41時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次