UbuntuへのKeycloakインストール手順|SSOにトライするぞ

UbuntuへKeycloakをインストールした時の手順です。20分程度でインストールは完了します。


Ubuntuのインストール方法(作業時間10分)

Ubuntuをインストールしていない場合は、以下の記事よりUbuntuをインストールしてください。

【Linux】Ubuntu Server 20.10 のインストール手順をスクショで丁寧に解説

OpenJDKのインストール(作業時間1分)

OpenJDKが必要となりますので以下の記事を参考にインストールをしてください。

【Linux】Ubuntuに「秒」でOpenJDKをインストールする方法

Keycloakのインストール(作業時間10分)

以下のKeycloak公式サイトからKeycloak|Distribution powered by WildFly| TAR.GZをダウンロードしてください。

Keycloak – Downloads

TeraTerm利用している前提で申し訳ないんですが、ダウンロードしたTAR.GZをTeraTermにドラッグ&ドロップをすると以下の画面が立ち上がりますので、アップロードするパスを入力してください。

アップロードした場所へ移動して、以下のコマンドを参考に解凍してください。以下の意味は、keycloak-12.0.2.tar.gzを解凍してkeycloak-12.0.2というフォルダに格納するという意味です。

先程解凍したファイルが入っているkeycloakフォルダへ移動します。

以下のコマンドでkeycloakを実行します。

起動した状態です。

以下URLに接続して、keycloakを確認してください。

http://<keycloakサーバーのIP>:8080/auth

Keycloak管理者IDの作成(作業時間5分)

リモートホストから接続しているので、コマンドで管理者IDを作成する必要があります。ローカルホスト接続の場合は、http://localhost:8080/auth で表示されるWelcome画面で管理者IDを設定してください。以下はリモートホスト接続の場合の手順になります。

binへ移動します。

以下コマンドを実行して管理者ID及びパスワードを設定してください。

以下URLにアクセスして管理者でログインをしてください。

http://l<keycloakサーバーのIP>/auth/admin/

ログインすると以下のような画面が立ち上がります。

あなたにオススメの関連記事

質問やコメントは、お気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。