Linuxの`date`コマンドの使い方と応用例

この記事では、Linuxにおける`date`コマンドの使い方について詳しく解説します。具体的なコード例とその解説、さらには応用例も4つ以上紹介しています。`date`コマンドはLinuxシステムで日付や時刻を表示、設定するための重要なツールです。効率的な日付管理と時刻設定のスキルを身につけるための参考としてください。

目次

基本的な使い方

`date`コマンドは非常にシンプルですが、多くのオプションがあります。基本的な使用法は以下のようになります。

date  # 現在の日付と時刻を表示

`date`コマンドのオプション

以下は`date`コマンドでよく使用されるオプションです。

– `-d` : 文字列から日付を解析して表示
– `-s` : 日付と時刻を設定(ルート権限が必要)
– `-u` : UTC(協定世界時)で表示

応用例

特定の日付の曜日を調べる

date -d '2022-10-10' +%A  # 2022年10月10日の曜日を調べる

このコードでは`date`コマンドの`-d`オプションと`+%A`フォーマットを使用して、特定の日付(ここでは2022年10月10日)の曜日を調べます。

UTC時間で表示する

date -u  # UTC時間で現在の日付と時刻を表示

UTC(協定世界時)で現在の日付と時刻を表示します。これは、グローバルな業務で時間を統一する必要がある場合に有用です。

日付を加算・減算する

date -d '3 days'  # 現在日付から3日後の日付を表示

このコードでは、`date -d`オプションを使用して、現在の日から3日後の日付を表示します。

特定のフォーマットで日付を出力する

date '+%Y-%m-%d'  # YYYY-MM-DD形式で現在の日付を表示

`+%Y-%m-%d`フォーマットを指定することで、特定の形式で日付を表示します。

まとめ

`date`コマンドは日付と時刻の表示や設定に非常に便利なツールです。基本的なオプションから、特定の日付の曜日を調べたり、UTC時間で表示したりと、多くの応用例があります。これを機に、`date`コマンドを使いこなして、より効率的な日付と時刻の管理を行ってみてはいかがでしょうか。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/06/20 01:12:30時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次