LinuxでiSCSIセッションを確認・管理する詳細ガイド

この記事では、Linux環境でiSCSI(Internet Small Computer System Interface)セッションの確認と管理方法について詳しく解説します。具体的なコード例、その詳細解説、および応用例を5つ以上掲載しています。

目次

はじめに:iSCSIとは

iSCSIは、IPネットワーク上でSCSIプロトコルを実行するための規格です。ストレージエリアネットワーク(SAN)などでよく用いられます。

SCSIとは

SCSI(Small Computer System Interface)は、コンピュータと外部デバイス(ハードディスク、CD-ROMドライブなど)を接続するためのインターフェースです。

iSCSIの利点

– 柔軟なネットワーク設計が可能
– コストパフォーマンスが高い
– 管理が容易

iSCSIセッションの基本的な確認方法

LinuxでiSCSIセッションを確認する基本的な方法は、`iscsiadm`コマンドを用います。

sudo iscsiadm -m session  # iSCSIセッションを確認

このコマンドにより、接続中のiSCSIセッション情報が表示されます。

コード解説

– `sudo`: 管理者権限でコマンドを実行
– `iscsiadm`: iSCSIの管理ユーティリティ
– `-m session`: セッションモードで実行

応用例

応用例1:特定のセッションの詳細を表示

sudo iscsiadm -m session -P 3  # 詳細なセッション情報を表示

応用例2:新しいセッションを強制的に再スキャン

sudo iscsiadm -m session --rescan  # セッションを再スキャン

応用例3:特定のターゲットに対するセッションをログアウト

sudo iscsiadm -m node -T [target-name] --logout  # ターゲットからログアウト

応用例4:すべてのセッションをログアウト

sudo iscsiadm -m node --logoutall=all  # すべてのセッションをログアウト

応用例5:iSCSIセッションの自動起動を設定

sudo iscsiadm -m node -T [target-name] -p [ip:port] --login  # セッションを自動起動

まとめ

この記事では、LinuxでのiSCSIセッションの確認方法から、応用例までを網羅的に解説しました。これらの知識があれば、iSCSI環境での作業がよりスムーズに行えるでしょう。

created by Rinker
オライリージャパン
¥3,080 (2024/06/19 01:10:21時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

コメントする

目次