Linuxでネットワーク統計を収集・表示する方法

Linuxにおけるネットワーク統計の収集・表示に関する手法は多岐にわたります。Linuxシステムの健全性を監視するためには、ネットワークの状況を把握することが不可欠です。この記事では、Linuxでネットワーク統計を収集・表示するための基本的なコマンドと、それらの応用例を5つ以上ご紹介します。

目次

基本的なコマンド

Linuxには標準でいくつかのネットワーク関連のコマンドが備わっています。主に`ifconfig`, `netstat`, `ss`, `ip`などがあります。

ifconfig

`ifconfig`は、インターフェースの設定を表示・変更するコマンドです。以下はその基本的な使用例です。

ifconfig  # すべてのインターフェースの情報を表示

netstat

`netstat`は、ネットワーク接続、ルーティングテーブル、インターフェースの統計などを表示するコマンドです。

netstat -an  # すべての接続を数字で表示

ss

`ss`は、`netstat`と同様にソケットの情報を表示するコマンドですが、より高速です。

ss -tuln  # TCP/UDPのリスニングソケットを数字で表示

ip

`ip`コマンドは、現代のLinuxディストリビューションで推奨されるコマンドで、インターフェースやルーティングなどを操作できます。

ip addr show  # アドレス情報を表示

応用例

ベーシックな使用法を把握したら、次は具体的な応用例を見ていきましょう。

ネットワークの遅延を調べる

`ping`コマンドを使用して、特定のホストまでの遅延を調べることができます。

ping google.com  # google.comまでの遅延を調べる

特定のポートが開いているか確認

`telnet`を使用して、特定のポートが開いているかどうかを確認できます。

telnet example.com 80  # example.comの80ポートが開いているか確認

ネットワークトラフィックをモニタリング

`iftop`や`nload`を使用すると、リアルタイムでネットワークトラフィックをモニタリングできます。

sudo iftop -i eth0  # eth0のトラフィックをモニタリング

ネットワーク経路のトレース

`traceroute`コマンドで、ネットワーク経路をトレースできます。

traceroute google.com  # google.comまでの経路をトレース

DNSの解決

`dig`や`nslookup`を使って、DNSの問い合わせを行えます。

dig google.com  # google.comのDNS情報を取得

まとめ

Linuxでネットワーク統計を収集・表示するための基本コマンドと、それらの応用例について紹介しました。これらのコマンドと応用例をうまく組み合わせることで、より効率的なネットワーク管理が可能になります。

コメント

コメントする

目次